Josette SAMUEL 陶器職人 人間臭い街が好き。

 かつてパリっ子の胃袋を支えた中央市場が、1969年にランジスに移転する前から、半世紀にわたってレアールの変貌を見守ってきた店がある。エナメルの看板や陶器を並べるジョゼットさんのブティック兼工房は、ブルボン朝の創始者アンリ四世が暗殺されたフェロヌリー通りの、12番地に位置する。地下鉄とRERの郊外線が交差し、
1日に80万人が行き交うパリのど真ん中、シャトレ/レアール駅の至近にあって、大型ショッピングセンターや若者向けの衣料品店、ファーストフード店がひしめく大繁華街の片隅。その合間を縫うように、今となっては希少価値のネズミ捕り専門店や調理器具店が存在する。この地区の魅力は「超モダンの影に超レトロが隠れていること」
 例えばビストロ一つとっても、肉好きに定番の〈chez Denise〉のような、昔さながらの店が愛され続けるのも、この辺りならでは。「もうすぐ始まるレアールの再開発で、新たな変化が訪れるだろうけど、私たち小売業者や職人にとっては一番の心配の種よ」。つい最近も、ここ一帯の土地を買い取り、大型電化店を建設する話が持ち上がったばかり。商店主たちが結束して、なんとかその計画を食い止めたものの、そんな現状を目の当たりにするたびに、冷や汗の出る思いがする。
 またこの界隈は、夜8時を皮切りに人々の層が、がらっと変わる。昼間はここで働く人をはじめ、郊外からの若者や旅行者でごったがえし、夜はどこからともなく夜遊び人種が出没するのだ。ジョゼットさんにとって、レアールは仕事場であって、住む場所ではない。
 「庶民的で人間臭い地区が好き」という彼女の住まいは、ダンフェール・ロシュロー広場から目と鼻の先。パリの魅力は「ある日偶然扉を開いた所に、思いがけない驚きが待っていること。時を忘れるほどはっとさせられる、魔法の瞬間がね」。まるで1区から20区まで、どこかしこに潜んでいる宝探しのようだ。(咲)

●Le Bistrot des Halles

 「ここのサンドイッチがやめられない」とジョゼットさん。産地の異なるアンドゥイエットやブレス産のブルーチーズ、自家製のフォアグラやゲランド産塩入りハムのリエットなど、魅力的なメニューがズラリと並ぶ。赤ならシノンにクローズ・エルミタージュ、白ならサンセールにゲビュルツなど、グラスワイン(3.15e~4.20e)の種類も豊富で、買い物帰りに一息、観劇直前の腹ごしらえにも、おすすめのワイン・バーです。(咲)
15 rue des Halles 1er 01.4236.9169
M。Chatelet, Les halles 7h~21h(日休)

迷い猫

「迷い猫探しています」という張り紙を見た。お礼は十分いたします、と書いてある。もしかして…と頭をよぎったのは、少し前に耳にした猫さらいの話だった。
折しもまたもや毛皮ブーム。比較的お手ごろな値段のウサギ皮を豹柄などに染めているものや、オオカミの毛と称したシェパード犬の皮などもあり、(オオカミは狩猟禁止のはず…*)犬皮も人気だが、猫皮もその毛色ゆえに人気商品で、1シーズンで50万匹分の猫皮がアジアからやって来る。あまりの人気による大量生産(!?)で値段は下落。屠殺場で50サンチームの一匹分の猫皮は都市部で2ユーロに。6~8匹で縫い合わされた一着分が15.5ユーロ。質が悪いと36匹も使って14ユーロにしかならないらしい。フランスやイタリアでは犬猫皮の輸入を禁止しているが、EU全域での規制はない。
問題の猫さらいの話だけれど、犬猫泥棒が組織化されているというのだ。街でさらわれた犬猫は実験用や生殖用、革や毛皮、食肉の目的で売買されているそうだ。今シーズン買った流行のベストのファーの襟は半年前に行方不明になった我が愛猫フェリックスだった!なんてことになったら……。(麦)


www.animaux-familiers.org/animal_machine/marche_mondial.html
“La fourrure de chiens et chats : un marche
mondial”

www.30millionsdamis.fr/FR/Dossiers/Contrelafourrure/Lescandaleuxtraficde
fourruresdechienetdechat.asp TV番組”30millions d’amis” サイト。

www.loup.org/
* 新しい環境大臣による狼数頭を殺す許可に対し、11月5日パリでデモが予定されている。

www.spa.asso.fr/
迷い犬猫がここで見つかるかもしれない。クリスマスに動物をプレゼントするならSPAで! というキャンペーンもやっている。