Rambuteau駅界隈(3、4区)


歴史を感じさせる街並みと
マニアックな店も散らばる個性的な一角。

 ランビュトー駅(11号線)の名は、1833年からセーヌ県の知事を15年務めたクロード=フィリベール・ド・ランビュトー伯爵に由来する。伯爵は、パリの多くの道路を整備し、オイル灯だった街灯をガス灯に変えた人物だそうだ。

 駅を出るとすぐポンピドゥ・センターの建物が目にとまるが、本日はQuartier de l’horlogeへ。建物に囲まれた広場のようなところに、毎時、ドラゴンやカニなどを相手に戦いを挑む「時の守護者」という仕掛け時計があるのだ。観光客らしいガイドブック片手のカップルと眺めるが、動く気配なし。実は3週間前から故障とか。がーっかり。また来よう。 rue Bernard de Clairvaux
12h、18h、22hは3匹を相手に戦う
 気を取り直して人形博物館へ。平日のためか訪問客は少なかったが、おばあちゃんと孫とか、母と娘が手をつないで一体一体の人形に見入っている姿が微笑ましい。磁器製の人形は、見ようによってはコワイものだが、年代による違いや製造元による表情の違いなどがわかって面白い。
Musee de la Poupee
 木曜や金曜の午前中にぜひ寄ってみたいのがCredit Municipal (公益質屋)のオークション。競売が行われるsalle des ventesは、なぜかここだけきれいに改装されており現代的。ドゥルオよりずっと敷居が低い感じなので初心者でも大丈夫そう。オークションは、進行がとにかく早いので、前日や当日1時間半前の下見をしてリストを入手しておくことが肝心だ。宝飾品が多いが出品はさまざま。出品のカテゴリーや日程は、現地で日程表を手に入れるかサイトで確認を。(月) Credit Municipal

Cafe de la Gare (41 rue du Temple)

年代を問わず観客が集まる芝居小屋。お隣はバレエ、サルサなどさまざまなダンスが学べるCentre de danse du Marais。

Menkes フラメンコ用からドラッグクイーンまで。衣装、靴、小物。ダンス用のサンダルが買い!

rue des Haudriettes

Archives de la presse (51 rue des Archives)
年代物の雑誌や、ディオールなどの大型ポスターなどが手に入る。



on aime

musee…

●Museee de la Poupee
1
10h-18h、月祝休。
impasse Berthaud 3e 01.4272.7311
●Credit Municipal (Hotel des ventes)
2
55 rue des Francs-Bourgeois 4e
01.4461.6500 www.creditmunicipal.com

restaurants
●Le Connetable 3
昼コース15eが飲み物込みでお得。
土昼・日休。
55 rue des Archives 3e 01.4277.4140
●Dos de Baleine
4
気軽なフレンチ。土昼・日月休。
40 rue des Blancs Manteaux 4e 01.4272.3898
●Le Soleil en Cave
5
気のおけないワインバー。月火休。
21 rue Rambuteau 4e 01.4272.2625

●Le Hangar
6
テラスが気持ちいい。日月休。
12 impasse Berthaud 3e 01.4274.5544

boutiques
●Menkes(フラメンコ衣装・靴)
7
火ー金10h-17h30、土10h-12h30/14h-19h。
12 rue Rambuteau 3e 01.4027.9181
●Les Bains du Marais(サウナ・ハマム)
8
男女専用日、ミックス日(水着着用)
があるのでサイトなどで確認を。
31-33 rue des Blancs Manteaux 4e
01.4461.0202 www.lesbainsdumarais.com
●淀屋(和食器・小物)
9
火ー日14h-19h、月休。
23 rue des Blancs Manteaux 4e 01.4887.2305
●Cine Archives(映画グッズ)
10
26 rue des Blancs Manteaux 4e
01.4804.7822

hotel
●Hottel Axial Beauboug★★★ 11
11 rue du Temple 4e
01.4272.7222 F:01.4272.0353
S:112e~/W:160e ~ 朝食:11e
www.axialbeaubourg.com