にゅるっと滑り出た。


パリにはいろんなサーカスがある。
 サーカスの歴史は長い。時は16世紀半ば、イギリス人フィリップ・アストレーが、パリ3区タンプル通りに馬を中心とした出し物を披露したのが、フランスにおけるサーカスの幕開け。こんな歴史と伝統のあるサーカスを娘と一緒に探検してみた。
 まずはサン・クルー公園内(セーヴル側)に11月末までテントを張るAlexandra Franconiのサーカス。2時間近い出し物は、リヨン出身でギニョルの有名な使い手を母に持つピエロBobosの語りと芸にかかっている。Bobosの軽妙な語り口は楽しいけれど、動物の出演がほとんどない(インコのような鳥だけ!)サーカスというのは、子供にとっては少し退屈かもしれない。
 動物がたくさん出ている、と評判のDiana Morenoのサーカスにも足を運ぶ。こちらはPorte d’Aubervilliersにあり、トラにゾウ、シマウマ、ダチョウ、ラクダなど、噂どおり「動物使い」の出し物が存分に楽しめるし、その他の芸の質も音楽のセンスもいい。家族的な雰囲気も気に入った。
 パリの11区には70年以上の歴史を誇るCirque d’hiverがある。ビロード張りの内装はサーカスの古き良き時代を彷彿させて美しい。10月23日からは “Bravo” と題した新公演。(海)

*Cirque Alexandra Franconi :
01.4324.3318 / 06.0918.2226.
11/28まで水14h30、土日16h。10~24€。
*Cirque Diana Moreno Bormann :
01.4839.0447 / 01.6405.3625

www.cirque-diana-moreno.com

水土日15h、毎月第2土曜日には
20h30の回もある。10~30€

*Cirque d’Hiver Bouglione :
01.4700.1225 www.cirquedhiver.com

水金土日。学校の休暇中は毎日。

●Paris Momes


 パリで子どもをもっている親たちの悩みは、学校が休みの水曜日や土曜日にどこへ連れて行くか? 郊外や地方の住民にはうらやまいくらいに氾濫している映画、子供向けの映画や芝居、展覧会、サーカスやコンサート…。そこから自分たちの子供たちに合ったものを見つけるのは至難の業だ。
 そんな親たちに欠かせないガイドが、2カ月に1回発行の “Paris momes”。ルポや最近の傾向などを扱った記事にはじまり、最新CDやDVD、サーカス、映画、展覧会、さまざまなアトリエなどの紹介が続く。

*予約購読は、姓名、住所、子供数を明記し、19€の小切手を同封し、
Paris Momes(5 rue de Charonne 75011 Paris)まで。