ペタンクの遊び方
まず、カンタンにルール。
1/triplette(3対3)は球をひとり2個づつ、doublette (2対2)は3個づつ、tête à tête(1対1)はひとり3個づつ。cochonnetまたは、 but、bouchonなどと呼ばれる木製の的球ひとつ。
2/くじ引きで勝ったチームが的球 (コショネ) を投げる。球を投げる拠点を決めて35cm~50cmの円を描く。この円のなかから、自分の球をできるだけ的球の近くに投げるのが目標。
3/プレーヤー全員が球を投げ終わったところで1mene(1セット)終了。コショネから一番近い球のチームに得点される。最も的球に近い球がひとつなら1点。2つなら2点、3つなら3点…。セット数は決まっておらず、どちらかのチームが13点獲得したところで1試合が終了することになる。

ポワンテ、チレ、ナーリ。
一番目のプレーヤーは、できるだけコショネの近くに送球する。これがポワンテ(pointer)。たいてい2番目(2対2)、3番目(3対3)のプレーヤーが、コショネに近い敵チームの球を、自分の球ではじき飛ばして、コショネから遠ざける。これがチレ(tirer)。たいていチームはポワンテの得意な人(pointeur)、チレの上手な人(tireur)で構成され、3対3のときは両方に長けたミリュー(milieu)が入る。チレは長年の鍛錬と才能
を要するそう。ポワンテしてもコショネから遠いショットは “ナーリ(narri)”。ハズれショットは “穴(trou)”。

タマの科学。
みな同じに見えるが、固さ、重さも大きさも違うタマ。一般的にポワンテをする人は、重く固く、地面に着地してからヘタに動かないように線入りのものを選ぶ、チレの人には軽めで柔いタマ(遠くから敵の球に当てるなど細かい芸を要するので軽く、敵球に当たってからバウンドしないように柔らかい球)といわれるが、コートの状況により違ってくる。クラブの “先輩たち” にアドバイスしてもらいながら自分の手の大きさに合って、しっくりなじむ球を選ぼう。
*球を買うなら
Armand Perigault :
60 av. de la République 75011 Paris
いつかはやりたい、高度なワザ。
ブロドローム(ペタンクコート)で拍手喝采されたければカロ(carreaux)を。これは敵の球をはじき飛ばし、かつその球がいた位置に自分の球を居座らせるというテクニック。ペタンク界の大スター、マルコ・フォイヨ氏は1時間で105のカロを成功させたことでギネスブックにも載っている。


1 2 3 4

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る