実況録音と生放送を楽しもう。 Maison de Radio France


 16区のセーヌ川沿いにある巨大な円形ビルが「ラジオ・フランス」。この建物の中に3つのコンサート会場があるのを知っている人は少ないようだ。1963年のオープン以来、オーケストラの演奏を中心に定期的なプログラムが組まれている。
 1934年に結成されたフランス国立管弦楽団(Orchestre National de France)、1976年からはラジオ・フランス交響楽団(Orchestre Philharmonique de Radio France) も加わり、各シーズンごとに120以上のコンサートが行われる。
 正面入口のすぐ前方には、オリビエ・ メシアンと命名されたホール。900席はあるこの会場は横に広く、2階席からでも広々としたステージが良く見える。
 入り組んだ通路を入った所にはスタジオ風の会場が2つあり、ジャズや伝統音楽の生演奏が楽しめる。200席ほどと小さいが、PA席がガラス越しに見え、実況放送の雰囲気が伝わってくる。
 すべてのコンサートが後日France Musique (周波数FM91.7 と92.1) かFrance Culture (FM93.5と93.9) で放送されるので、実際に見たコンサートの感激をもう一度ラジオで聴け、録音もでき、と3倍楽しめることになる。(尚)


10月のプログラム
*ジャズ: 2日、16日/17h30 (30F) *ドビュッシーシリーズ: 3日、10日、17日、24日/17h30
(80F) *ラジオフランス交響楽団: 5日、15日/ 20h (100F) *フランス国立管弦楽団 : 7日、16日/20h (100F)。*伝統音楽 : 9日バスク音楽、28日アルジェリア音楽 /17h30 (50F)
10月8日から17日までの「La Mairie de Paris vous invite au concert」の期間中は、2人で1人分の入場料。ドビュッシーのシリーズのみ、12才以下は入場無料。26歳以下は4席で120Fという特別割引制度がある。
資料・問い合わせは :
Direction de la musique, Piece 6322
Maison de Radio France, 116 avenue du President-Kennedy 16e 01.4230.1516