Monthly Archive:: 7月 2011

Mimmo Jodice, Les yeux du Louvre

 イタリア人写真家が、ルーヴルの作品から顔の部分だけを撮り、ルーヴルで働く人たちの顔と並べて展示。時代が違っても人の表情にはたいして変わりがないことにびっくり。8/15迄(火休)。 

〈Cinéma au clair de lune〉8月の野外上映プログラム

(21h30-)8/3:『ビリビリ』’39   [監]C. オータンララSquare Louise-Michel 18e 8/4:『百貨店大百科』’92 [監]C. クラピッシ […]

社会党の大統領候補、6人に決定

 2012年の大統領選挙の社会党候補を決める予備投票への立候補が7月13日に締め切られ、20日に6人の候補者が承認された。立候補者はオーブリ、オランド、ロワイヤル、モントブール、ヴァルスの各氏とジャン=ミシェル・バイレ氏 […]

バノン疑惑の捜査が進む

 作家トリスタンヌ・バノンさんが2003年にドミニク・ストロス=カーン氏に性的暴行を受けたとして告訴している件で、捜査の行方が注目されている。7月13日にはバノンさんの母親、アンヌ・マンスレさん(社会党県会議員)が、15 […]

ドラッグの非犯罪化?

 最近マルセイユやパリ近郊、特にセーヌ・サンドニ県のセヴラン市で麻薬ディーラー同士の縄張り争いの銃撃戦が起きており、幼稚園児などは園庭で遊ぶのも危険とされている。公団アパート入口にたむろする若者ディーラーたちは月1万ユー […]

『サンツ・モフォケング展』 “Santu Mofokeng”

Katse Dam—Lesotho,1996 Courtesy Lunetta Bartz, MAKER, Johannesburg © Santu Mofokeng  この夏ジュ・ド・ポームでは、前号で紹介し […]

なでしこジャパン

「新世界へ」と題された、 米国との準決勝を 控えた7月13日付の エキップ紙の一面。 ドイツで開催されたサッカー女子W杯で、「なでしこジャパン」が世界一に。やはりアマの選手がほとんどのフランス代表も、7月16日の3位決定 […]

「チュニジア革命」

 6月30日、パリ14区Av. de la Sibelleの27番地に、Place Mohamed Bouazizi(モハメッド・ブアジジ広場)が誕生した。ブアジジさん(26)は、チュニジア中央部のシディ・ブジッドという […]

サン・マルタン運河に簡易小便器が登場。

 サン・マルタン運河を散歩していたら、何やら見慣れぬものが…。どう見ても男子用小便器(ユリノワールurinoir)としか見えない。運河にはしっくりこない眺めだが、辺りにまき散らされるよりは清潔だし、実用的では […]

Troyes:シャンパンコルクの形をした旧市街

Poissonnerie Chez Paul 素敵な市場、味も雰囲気も最高のワインバー。  トロワといえば、アウトレット・ショッピングセンターを思い浮かべる人が多いと思うが、旧市街の屋内マルシェには、意外なことに、仕入れ […]

エイのヒレには、ケッパーの風味が欠かせない。

 エイのヒレをゆでてから軽く焦がしたバターをかける一品は、ノルマンディーやブルターニュ地方名物の代表的な魚料理。パリのレストランのメニューにもよく載っている。先日、エスパス・ジャポンのフランス料理教室で作ったら大好評。思 […]

Abcd de la cuisine – 5

●beurrer beurreはバター。beurrerはタルトの型などにバターを薄く塗ること。「beurrer le fond d’un moule(型の底にバターを塗る)」などとレシピに出てくる。tarti […]