テロに国の落ち度なし

7/18

 パリ行政裁判所は、2015年のパリ同時テロ事件で、テロリスト監視やバタクランの警備について国の落ち度は認められないと判断した。

これはテロの犠牲者やその遺族30人ほどが起こした裁判で、イスラム過激派メンバーの監視やシェンゲン圏の移動に関して国の機能不全があり、バタクランの近くにいたテロ警戒巡回隊員が事件時に劇場内に介入しなかったことを国の責任として訴えていた。テロ警戒巡回隊の不介入については、危険な状態にある人を助けない罪で6月に刑事訴訟の告訴もされている。