パリ15区

La Gauloise|日曜もフレンチの定番にありつける。

リーズナブルでおいしい店を日々探求しているが、それに〈使い勝手がいい〉が加われば鬼に金棒。土日も開いてて、必ずしも予約が必要でなく、腹具合や懐具合によって選択の幅が広く、給仕も親切で肉も魚もおいしい、そんなレストランが理想的だ。 La Gauloise は一見何てことないカフェ風 [...]

Comptoir Corrézien|キノコとフォアグラの専門店

キノコとフォアグラの専門店。店名から分かる通り、クルミオイルやワインなどコレーズ県や南西地方の名産品も扱う。キノコは、旬のものなら生が、そうでなければ乾燥もの、または瓶・缶詰が揃う。今なら、フレッシュなモリーユ茸(78€/kg)を手に入れたい。和名アミガサタケという不思議な形のキ [...]

Le Bistrot d’André|伝統典型ビストロ・フレンチ

暖かくて落ち着いて適度にスタイリッシュな内装。テキパキしたサービス。料理は伝統典型ビストロ・フレンチ。お昼のコースは14.5€と16.5€でコストパフォーマンス非常に良し。ワインのセレクションも自慢で毎月のおすすめも楽しみとディディエさん。日休。 [...]

Pasta Deï|イタリア食材

ディディエさん行きつけの生パスタが売りの店。彼が好きなのはニョッキとセップのラヴィオリ。その他惣菜、生ハム(特にサンダニエル)、デザート、どれ をとっても至福の味。オリーブオイルやパネトーネ、乾燥パスタなど食材もイタリア中の逸品ばかりで、つい買い過ぎる!月16h-20h30、火ー [...]

Le Cristal de sel|きめの細やかな応対とジビエ料理にブラボー。

秋が深まるとやっぱり食べたくなるのがジビエ(野禽類)。そこでジビエが評判の店へでかけた。メニューにマガモのビターオレンジ風味(24€)を見つけ、友人はこれに決定。私は、メインと前菜またはデザートで18€という昼コースにする。本日のメインは子牛レバーのポワレだ。日替りのメインにチョ [...]

Stephane Martin|パンも自家製。細かいところまで気配りがある。

シックな店構えながら、昼コースが前菜+メインまたはメイン+デザート16.5€、3皿で21€とリーズナブル。昼のコースはmenu du marché というだけあって、季節の素材を生かした献立だ。この日は夏を思わせる暑い日だったので友人と意見が一致し、とった〈生ハムメロン〉は、ひと [...]

L’Epicerie du Père Claude|夜23時までの高級食品店

毎日夜23時まで開いていて、とても便利な高級食品店。フランボワーズやレンヌ・クロード、ミラベルなどの甘さ控えめの自家製ジャム(各6€)や、ヴェイス社のレッドフルーツ入りのホワイトチョコレート(3.95€)なんかは日本帰国時のお土産としても喜ばれそうだが、この店でぜひ買いたいのが、 [...]

人気レストラン対決!シェフの料理で極上ピクニック。

OVNI では比較的安くておいしいレストランを紹介しているが、それでもレストランでの出費が二度三度続くと決してバカにならない額になる。とはいえ、惣菜のテイクアウトやファーストフードではちょっと寂しいという時に、気軽に贅沢が味わえるのが、人気レストランのシェフが準備してくれる「ピク [...]

Pamaia|バスクの物産

バスク地方の物産を集めた店。バスクの7本線が入ったテーブルクロスや布巾など、リネン類にも興味がわくが、注目はバスクならではの食品だ。エスプレット産唐辛子に関しては、粉末(8€)、マスタード(6€)、ジュレ(6.8€)、ピュレ(6.8€)、塩(4€)、糸でつないだ乾燥させた唐辛子本 [...]

Le Beau Violet|コルシカ料理が食べたくなったらここ。

ワインやビールを飲むと15€を超えてしまうけれど、コルシカ料理が食べたくなったらここ。22年前からある店で、昼はヤギのチーズ〈ブロチュ〉入りオムレツ、コルシカ風サラダ、炭焼きイワシから一皿を選択。それにブロチュのチーズケーキ〈フィアドンヌ〉がついて15€。炭焼きイワシは、クミン、 [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る