La Cantine Troquet Dupleix|朝から晩まで気軽に立ち寄れる

Cabillaud à la plancha sauce vierge

エッフェル塔周辺は何かと出かけることが多い割に、これぞというレストランがなかったのが不満だったのだが、その不満も解消! 1月末にラ・カンティーヌ・トロケ2号店がデュプレックス駅のすぐそばにオープンしたからだ。朝は7時(日曜は9時)から営業しているので朝食がとれ、ランチの後も遅いディナーの時間まで終日営業している。いつでも気軽に立ち寄れるのがとっても魅力的だ。

コースやセットメニューはないので、逆に肩ひじ張らず、好きなものを、好きなように頼めばいい。友人と私は、前菜にブーダンのテリーヌ(8€)とシュー・ファルシ(10€)、メインは、真ダラのプランチャ(16€)と子牛三枚肉のファルシ(17.5€)を頼んだ。ワインはコート・ド・ブルイの赤とバンドルの白をグラス(各5€)で。

見た目も美しいシュー・ファルシは大おすすめ。前菜だが、温かい料理だし、メインでも充分通用するボリュームあり。中には細切れの豚足も入っていて、歯ごたえも楽しい。隣の席ではガタイのいいおじさんたちが、前菜を何皿もとってみんなで分けっこ。鉄板で焼いたマテ貝がとってもおいしそうで、あれも食べたかったなと友人と羨望のまなざし。

子牛のファルシは、たっぷりのピュレといいがっつり食べたい人向き。鉄板で豪快に焼かれた真ダラは、皮もカリカリで食欲をそそる。隣のおじさんたちがこぞって食べていた豚肩肉のソテーも、こんがり焼かれた骨付き肉がとってもおいしそうで、あれを頼んでもよかったなとちょっと後悔。やっぱりここはバスクの地方色濃い料理のチョイスが正解だ。

とはいえ、デザートにとったモンブランも気に入った。アーモンド粉たっぷりのジェノワーズを土台に、パリブレストのプラリネを思わせるような軽いクリームが食後のデザートにぴったり。

この店、シェフの人柄か陽気な雰囲気がいいし、テラスもあってカフェとしても居心地がよさそう。この近くにきたら必ず寄っちゃいそうだ。(里)

テラス席も広々としている

テラス席も広々としている

Chou farci, pied de cochon

Chou farci, pied de cochon

Mont Blanc , Marron

Mont Blanc , Marron

Terrine de boudin

Terrine de boudin

Poitrine de veau farcie

Poitrine de veau farcie


La Cantine Troquet Dupleix

Adresse : 53 bd de Grenelle, 75015 Paris , France
TEL : 01.4575.9800(予約不可)
7h-22h45(日9h-)。無休。 - 日曜営業 - 祝日営業 - 22時以降営業

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る