パリ1区

Restaurant Ryo|“ホンモノ”を味わえるレストラン

「パリで和食といえば」のサンタンヌ通り界隈に、また新しく“ホンモノ”を味わえるレストランがオープンした。白いタイルと無垢材、間接照明があたたかな雰囲気の店内。カウンターキッチン越しに迎えてくれるのは、パリで25年間、有名和食店で腕を振るい続けてきた大鶴シェフだ。 「毎日、新鮮な食 [...]

Nishikidori|料理人もうなる、日本の伝統的郷土食材の店。(1区・オペラ)

この5月、パリ一区ヴィレド通りに開店した《錦通り》には極上の和の食材が並ぶ。日本の料理人でさえ、未知の味に目を輝やかせる、郷土食材の粋を集めた新しい店。顧客のレストラン千軒のうち、星付きが300軒。フランス料理、パティスリー、ショコラ、ジャム、パン、それぞれの専門家が来店しては、 [...]

Chez la Vieille|パリとNY、両方で大注目のシェフの店!

パリの中心地で、シンプルに伝統的なフレンチを楽しみたかったらココへ。数年来注目を集めているアメリカ人シェフ、ダニエル・ローズが手がける新しいお店だ。すぐ近くに同シェフの店 Springがあるが、こちらのほうがずっとカジュアル。人気店ゆえ、2階のテーブル席は昼でも予約が取れないこと [...]

Itacate|タコス、ケサディーヤだけじゃない メキシカン軽食のオンパレード!

ルーヴル美術館のすぐ近く、サントノーレ通りにある、白にピンクが基調のポップなこのお店では、ちょっと珍しいメキシコのファストフードが食べられる。ここはメキシコ大使館、領事館御用達のケータリングサービスでも名をはせていて、料理にも信頼が置ける。 昨今のタコスブームで、タコスやケサディ [...]

La Fresque|グラスワイン1ユーロ!レアールの美味しいビストロへ。

レアール駅の北側、歩行者専用道となっているランビュトー通り。良心的な値段で美味しいランチを食べさせてくれるのがこのお店。 単品で注文すれば、ひと皿5€という前菜は種類が多くどれも魅力的。メニューはその日の仕入れによって毎日替わり、前菜とメインのセットは15€。この日は7種類の前菜 [...]

生きている街を常に感じる。

Les Halles界隈(1区)  イヴォンさんは、パリのど真ん中レアール地区に住んで10年。メトロ嫌いな彼にとって、仕事も遊びもすべて徒歩で行けるのが何よりであるという。イヴォンさんが住むのは、自動車侵入のない歩行者天国区域。アパルトマンを一歩外に出れば、パリのみでなく郊外や地 [...]

Bistrot des Halles|アペリティフにもオススメの、常連になりたいワインビストロ。

待ち合わせに便利なカフェ特集(643号 2008年11月15日号)でも紹介したこのお店。お昼のサンドイッチは特に人気で、過去に何度もバゲットコンクールで入賞を果した名店〈ジュリアン〉(75 rue St-Honoré 1er)の四角い「パヴェ」というパンを使い、10種類以上のバリ [...]

Saudade|干ダラ料理がこんなに繊細!と新鮮な驚き。

リスボンの下町というよりは、古都コインブラの旧市街にありそうな感じの店がSaudade。10年ぶりかな、食べに行ってみた。ご主人も変わっていないし、落ち着いたサービスも、ゆったりとしたテーブルの配置も、昔のまんま。そして料理は? とメニューをのぞく。 アペリティフにvinho v [...]

Jubey(うどん・1区・オペラ)

パリにいてもときどきはやっぱり食べたいのがうどん。 ちょっと胃が疲れている時や、食欲のない時ですらツルツルと食べられてしまうのがうどんのいいところ。さらにダシのきいたつゆとしっかりコシのある麺ならば、いつでも食べたくなる。 うどんはおいしいけど、少々もの足りないと感じる人だったら [...]

Le stube|ドイツビールとソーセージで乾杯!

OVNI740号、diasporaで紹介されたドイツ語書店の店主、ペトラさんおすすめの、ドイツビールとおつまみが味わえる店がLe Stube。テイクアウト色の強い雰囲気だけれど、ドイツビールを試したい、いつものアペロをドイツ風に、という方におすすめです。  私はアペロに最適なセッ [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る