生命倫理法、国民議会可決

10/15

生命倫理法案が賛成359、反対114、棄権72で国民議会で可決された。議論の的だった女性カップルや独身女性の生殖補助医療(PMA)が認められたほか、従来は病気などで不妊症になる恐れのある女性のみに許可された卵母細胞の冷凍がより広く認められるようになる(条件は未定)。また、人工授精で誕生した子は成人するとドナーの身元を知ることができるようになる。2011年に合法化された「救世主ベビー」(移植が必要な難病の兄姉を救うために体外受精卵選択で生まれる子)は議員の修正案により廃止に。上院審議は1月。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る