Ovni | Numéro 862

ブロードウェイ最強ヒットミュージカル『Chicago』をパリで。

 6月30日まで   パリでミュージカルというとモガドール劇場だ。ちょっと古くなるけれど、ジェローム・サヴァリ演出でウテ・レンパーが歌って踊った 『キャバレー』が素晴らしかったなあ! 最近も 『マンマ・ミーア』や『キャッ […]

Art brut japonais II 日本のアール・ブリュット第2弾

3月10日(日)まで 2010年に大反響を呼んだ日本のアール・ブリュット展の第2弾で、ほとんどが外国で初めて紹介される作家。クヌギの葉を折って動物を作る渡邊義紘、黒いペン画で無意識の領域にいる生き物を描き出すような高橋甫 […]

Foujita, l’étoffe d’un peintre フジタと「ジュイの布」

  1月13日(日)まで  田園に戯れる人々の図案で有名なプリント木綿布「ジュイの布」は、ヴェルサイユに近いジュイ=アン=ジョザスで18世紀から作られた。画家フジタは、この布を作品のなかに描いたり、ジュイの布の […]

マダム・キミのシルバーラウンジ2018年11月1日号

 信州生まれの芦部氏は84歳、東京生まれの延子さんは82歳。1954年、芦部氏は19歳の時、横浜から船で渡仏。当時パリ16区に戦前からあったホテル「ぼたんや」で働いたが、1958年に経営者が亡くなり、パンテオン近くに小料 […]

こんなに安上がりで、秋の味を楽しめるデザートはほかにない。

Pommes au four  6年前の10月に、オヴニーの取材でパリ郊外の農園にリンゴ狩りに行ったことがある(729号)。一列に並んだリンゴの木には、色も形も大きさも異なるリンゴが実っていた。そう、9月末くらいから12 […]

Brexit協議、進展なし

10/17 EU首脳会議で英国のEU離脱について協議されたが、進展がないままに終わった。EU側のバルニエ首席交渉官は「交渉にはまだ数週間必要」とした。交渉の重要課題はアイルランドと北アイルランドの国境問題で、EU側は国境 […]

猟銃による事故死

 10月14日午後6時ごろ、オート ・サヴォワ県のモントリアン村で、自転車に乗っていたレストランの経営者マーク・サットンさん(34歳)が、近くで猟をしていたハンターの一人の銃弾を受けて死亡。9月に猟が解禁されてから猟銃に […]

Blé sucré:評判名高いマドレーヌは、噂に違わず珠玉の逸品。

 プラザ・アテネで3年、ホテル・ブリストルで7年腕を振るったパティシエのお店。2006年のオープン以来、舌の肥えたグルメが多いアリーグル市場の界隈で人気を確かなものにしている。中でも、マドレーヌとパン・オ・ショコラがずば […]

市民参加型の生協「ラ・ル―ヴ」

 パリ18区にあるスーパー「ラ・ル―ヴ  La Louve」は、市民参加型の生協だ。1973年にニューヨークのブルックリン地区にできた生協スーパーをモデルにして、2016年に開店した。  入口で会員証を見せる。会員でなけ […]

Steve Coleman & The Five Elements スティーヴ・コールマン

11月14日(水)  アルトサックス奏者、スティーヴ・コールマンの音楽は、切れ味のいいリズムとハーモニーが一つになって、ハードでいながら快いスイング感!この新グループ、ジョナサン・フィンレイソンのトランペットが少しおとな […]

新世代のフランス古典、親子で楽しむこども人形劇。

 パリ13区、にぎやかなイタリー通り。大人の手を引いたちびっこたちが、急ぎ足で黄色い看板の掛かった門をくぐっていく。目指すは、石畳の先に隠れ家のように佇む、2~8歳の子どものための劇場La Cachette。1973年の […]

『Heureux comme Lazzaro』神が愛する魂に、気が付かぬ人たち。

 イタリア映画の中でも、そして女性監督の中でも、現在、群を抜く才能の持ち主、それがアリーチェ・ロルヴァケル。社会風刺も辞さないが、その実、本人の人柄の反映か、自らのルーツである田舎の普通の人々に注ぐ視線が、ほんわりと温か […]

ノルマンディーの作家と食 〈33〉

 『ブヴァールとペキュシェ』(1881年)を執筆中のフロベールは、1879年の大みそかに姪のキャロリーヌに疲労を訴えている。「今日のように、疲れにすっかりやられてしまう日々には、私には筆を持つ力さえもないのです!私には休 […]

Café EL SUR:ランチもハッピーアワーも お値打ちアルゼンチン料理。

 5区のこのアルゼンチン料理のレストランは、かつてインテリ層や社会学者たちが夜な夜な集まり討論を交わす様子が収録され、France Cultureのラジオ番組で放送されていた。そんな活動はなくなってしまった今でも、あの頃 […]

Mahabharata – Nalcharitam 宮城聰『マハーバーラタ』パリ公演

11月19日(月)〜25日(日)  アヴィニョン国際演劇祭が2014年に招聘した、SPAC(静岡芸術劇場)の芸術総監督が演出する宮城聰『マハーバーラタ 〜ナラ王の冒険〜』。今すぐ予約 !! Tél : 01 4003 7 […]

Rui Chafes et Alberto Giacometti シャフェスとジャコメッティ

12月16日(日)まで  ポルトガル人彫刻家のルイ・シャフェスが、ジャコメッティの作品と自作を、彼自身が演出した空間に置いた。真っ暗な狭い場所で、穴から覗いて見るジャコメッティ、傾いた床を歩いて奥に見つける小さなジャコメ […]

Picasso Bleu et rose ピカソ 青の時代とバラ色の時代。

 この秋、パリはピカソ (1881-1973)づくしだ。ピカソ美術館の 「傑作」展、ポンピドゥ・センターのキュビスム展、そして1900〜06年のピカソを克明に追ったオルセーの本展。これほど多くの青の時代、バラ色の時代のピ […]

Stéphanie D’Oustrac

11月8日(木)  今一番注目されているメゾ・ソプラノの一人、ステファニー・ドゥストラックが、『フィガロの結婚』から、ケルビーニが切々と歌う『恋とはどんなものかしら』など、モーツァルトのアリアを中心にしたリサイタル。共演 […]

エムバペの町、 可能性の町、 ボンディ。

 今のボンディー市民ほど、自分の町に誇りを感じている人たちはいないだろう。サッカーのワールドカップでフランスを世界の頂点へと導いたキリアン・エンバペが生まれ育った町、ボンディ。ワールドカップの後、初めて10月にエムバペが […]

来年予算歳入部門を可決

10/23  国民議会は、2019年度予算の歳入部門を賛成346票、反対181票で可決した。上院審議は12月。政府は家計に60億ユーロ減税としているが、低所得世帯は2割の購買力低下との独立機関の試算もある。 一般社会貢献 […]

グランド・サント難民退去

10/23   フランス北部グランド・サント市の難民キャンプで警察が約1800人を強制退去させ、周辺地域の複数の難民・移民収容所にバスで移送した。同キャンプはキャレム同市市長が2016年に人道的キャンプ設置を決め、人道支 […]

生徒が教師に模造銃向ける

10/21  授業中に教師に模造銃を突き付けたパリ郊外クレテイユの男子高校生(15)が一時身柄を拘束され暴行容疑で被疑者となった。事件は18日に発生。遅刻してきた同生徒は本物の銃に似たエアソフトガンを突き付けて出席扱いに […]

FI党家宅捜索で、メランション党首怒りの声。

「共和国、それは私だ !私が議員なんだ。そこをどけ、ドアを開けろ !  」 “La République, c’est moi!c’est moi qui suis parlement […]

LFI家宅捜索で小競合い

10/16  メランション氏の「服従しないフランス(LFI)」党事務所の家宅捜索の際、同氏と党幹部が捜索中の部屋に入ろうと捜査員と小競り合いになった。パリ検察局は翌17日、司法当局への威嚇、暴力行為の容疑で捜査を開始。同 […]

OVNI 862

OVNI 862 : 01/11/2018  

Me Too運動1年後のフランス。

 ハリウッドのプロデューサー、ハーヴェイ・ワインスティーンの性暴力スキャンダルから1年。#MeTooのハッシュタグで性暴力を告発する運動は世界各地に広がった。フランスでも直ちに#Balancetonporc(豚を告発せよ […]

Concours Long-Thibaud-Créspin、今年はバイオリンの年。

11月2日(金)〜10日(土) 今年のロン=ティボー=クレスパン国際コンクールはバイオリンの年(来年ピアノ、2020年は歌)。パリでの本審査・最終審査・受章者のコンサートは一般公開。 11/2-3、5-6の本審査はSal […]

内閣改造で12人任命

10/16 大統領府は2日のコロン内相辞任から2週間後に内閣改造を発表した。内相の後任にはマクロン大統領の側近カスタネ―ル国会関係担当相が任命された。内相を補佐する閣外相にはロラン・ニュニェーズ国内治安総局長が就任。農業 […]

オード県豪雨で14人死亡

10/14  南部オード県で14日夜から15日にかけて集中豪雨が発生し、死者14人、負傷者約70人を出した。6時間で295㎜の激しい雨が降った町もあり、道路や橋が崩れ多数の家屋が浸水、一時は約1000人が避難した。700 […]

Furoshiki Paris
パリで風呂敷

11月1日(木)〜6日(火)  パリ市と東京都共催の日仏著名人がデザインした風呂敷展。市庁舎広場に巨大な風呂敷包みのようなパビリヨン(田根剛設計)を設置し、その中にパリのイダルゴ市長やジャンポール・ゴルチエ、北野武、草間 […]