Ovni --| Numéro 814

スコットランドの港町で味わったマス料理を再現してみよう。

Sea trout with spinach and girolles  今年のバカンスはスコットランドへ。ウイスキーで名高いオーバンに滞在したり、グラスゴーやエジンバラを訪ねたりした。エジンバラからバスで30分のところにリースという港町があり、そこの「Fishers」というレストランで食べた、海マスのポワレが忘...

Cave Augé|再会の友とのアペロに。絶品チーズとワイン!(2/2)

 Cave Augéは、一歩足を踏み入れると歴史ある図書館のように、数えきれないほどのワインが奥深く、天井高く積み重ねられていて、その美しさは圧巻の一言に尽きる。格式高い印象とは裏腹に、店員は飾らず的確な対応をしてくれるので、遠慮せずにアドバイスを求めるといい。種類の豊富さもさることながら、この店の魅力はどこよりも安価...

マダム・キミのシルバーラウンジ:9月1日号

小畑リアンヌさん(63)は『なにやってんだろう  私-このままフランスで死にたくない』の著者。26歳の時、絵を学びに観光ビザで来仏。少し免税店で働き、2年後に帰国したが、パリで知り合ったフランス人男性が日本まで求婚に来た。彼は当時、電話会社に勤務。トゥールーズに土地を買って家を建てたが、夫は遠距離の支社で働き、週末しか...
article placeholder

「みんな洗礼を受けたカトリック信者だ。」

「 毎朝、新聞を開くと、イタリアでの暴力事件がある。ある者は恋人を、ある者は義理の母を殺している。みんな洗礼を受けたカトリック信者だ。(…)イスラーム信者の暴力を語るなら、キリスト教信者の暴力も語らなければならない。ほとんどすべての宗教には、常に原理主義的な小グループが存在するものだ。私たちカトリック教にもそれが存在す...

再会の友とのアペロに。絶品チーズとワイン!(1/2)

「バカンスどうだった?」そんな話に花を咲かせるアペロの機会が続くこの時期、ホームパーティーならとっておきのチーズとワインを持参して、友人を喜ばせよう。 パリ市内に3店舗あるLaurent Duboisは、各店舗に熟成庫を設けていて、種類に合わせて温度や湿度も調整しているので、それぞれのチーズが最も美味しい状態で保存...

ノルマンディーの作家と食 〈9〉

 モーパッサンの傑作『女の一生』(1883年)では、作家自身の家族が登場人物のモデルになっている。主人公ジャンヌの父親のモデルになったのはモーパッサンのふたりの祖父といわれていて、貴族生まれの、一風変わった知識人として描かれている。この人の好い男爵は、俗世間の荒波から守るために可愛い娘を修道院に送ってしまう。「十七にな...

スコットランドは ウイスキー天国!

 グラスゴー住まいのイギリス人の友人エレナさんが、グラスゴーはずれ、パルティックという下町にあるパブ、「The Lismore」に連れていってくれた。庶民的なにぎわいの店で、長いカウンターの後ろの棚に、シングルモルトのボトルが数えきれないくらい並んでいる。 どれを飲もうか途方にくれていると、すかさずエレナさんが ...
article placeholder

43 %

 IpsosとEurope Assistanceが8月10日に発表した世論調査によると、夏のバカンスにどこにも行かないフランス人は、昨年の37%を上回り、43%に達する。そしてバカンスの過ごし先は64%がフランス国内。...

『Voir du pays』フランス人姉妹監督による戦争映画。

© Jérôme Prébois コーエン、ダルデンヌ、タヴィアーニと、巷には有名な“兄弟”監督は多い。だがフランス人デルフィーヌ&ミュリエル・クランは珍しい“姉妹”の監督コンビだ。初長編の前作『17 filles』では集団妊娠を企てた女子高生を描き話題に。5年ぶりの新作もまた “女性性”がキーワード。...

家庭でエネルギー消費節約に挑戦!

6月の表彰式。 パリ市の公的団体「パリ気候事務所」は、毎年パリ市民を対象に「家族でエネルギー削減に挑戦Défi Familles à Energie Positive」を行っている。 2008年にオート・サヴォワ県から始まった動きで、フランス全土に広まった。2015-16年度は全仏で7500人が参加。パリでは...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る