Ovni --| Numéro 769

article placeholder

〈Fête de Ganesh(ガネーシャ祭)

 ヒンドゥー教の象の頭をもつ神ガネーシャを祀る祭典が8月31日9hから寺院(17 rue Pajol 18e)で行われ11hから笛や太鼓、踊りと共に行進。R.Ph.de Giraud→R. de Fg St-Denis→R. Max Dormoy→ Bd Barbès→R.Marcadt→R.Pajol。...

エリート校の学生も人の子だ。

父親と母親にはさまれたエコール・ポリテクニークの学生。— 革命記念日の軍事パレード —  7月14日は革命記念日。日本では名画の影響で「パリ祭」とも呼ばれ甘美な響きがあるが、実際は1789年のバスティーユ監獄襲撃を記念する血なまぐさい祝日だ。ちょうど友人から恒例行事である軍事パレードの招待状をもらったので、せ...

コミュニティの連帯感。

Gare du Nord界隈(10区)  デザイン事務所atelier[jes]の共同創設者として活躍する気鋭のデザイナー、サミュエル・ミスレンさん。木や金属使いが得意で、家具や展示会用の装置など手広く手がける。今年は、エルメス財団が主催の若手デザイナー対象のコンクールで1位を獲得。まさに順風満帆の活躍ぶりだ。 ...
article placeholder

アマゾンとアシェットがけんか?

 米国での話だが、アマゾン社が仏出版大手アシェット社にけんかを売っている。今年1月に始まった両社の契約更新交渉で、本の価格を下げるためのマージン低下について、アシェットが態度を明らかにしないのに業を煮やしたアマゾンは、5月末からアシェットの本の予約を受け付けず、在庫をわざと減らして出荷に2~3週間もかけるという措置をと...

Le Zorba|ベルヴィルの名店、〈ゾルバ〉を知っていますか?

『その男ゾルバ  Zorba the Greek』(1964年)という映画をご覧になったことがあるだろうか。アンソニー・クイン演じる、楽天家でバイタリティあふれる男、ゾルバ。なりゆきでいろんな出来事に巻き込まれつつ進む彼の計画は、最終的に大失敗。でも「大失敗だった!」と大笑いするゾルバのおおらかさに心打たれる傑...

第1次大戦、いまだ終わらず。

 第1次大戦の開戦からちょうど100年で、フランスは「回顧」モード一色だが、この大戦を過去の出来事としてではなく、「現実」として戦い続けている人たちが、実は存在する。 パリ北駅の近くを歩いていると、駅舎の前に「不発弾処理班」という警察のワゴンが停まっていて、何やら騒然としていた。あとで新聞を読むと、オーストラリア人の夫...
article placeholder

Man Ray, Picabia et La Revue 〈 Littérature 〉 (1922-1924)

 1922年から24年までアンドレ・ブルトンが責任編集をしたシュルレアリスムの雑誌「文学」の表紙を担当したピカビアの、未発表の表紙用デッサンが2008年に発見された。それに加え、この雑誌に発表されたマン・レイの前衛写真を展示する。9/8迄(火休)。ポンピドゥ・センター ...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る