Ovni --| Numéro 758

今が食べどき●PETIT SALE

 豚肉を塩蔵したものをpetit salé という。保存がきくようにというのが、第一の目的だが、塩蔵肉は、調理時間が短縮できるし、味わいも深くなる。背肉、スペアリブ、paletteという肩こう骨を包む部分、すね肉などが塩蔵される。豚肉屋では「demi-sel」と記してある。調理前に塩出しが必要だが、塩加減...
article placeholder

パリのカーニバル

 ニースのカーニバルの発祥は1294年でフランス最初のカーニバル。パリでは15世紀にノートルダム大聖堂の周辺で〈道化祭Fête des Fous〉が繰り広げられた。エジプト神話でも神の体現とみられた雄牛boeuf grasが行進に加えられたのは1739年からで、パリのカーニバルのシンボルに。が、1794年〜...

冬用タイヤの着用は 義務化すべきだろうか?

 100年に1度の寒波が欧州に訪れると、秋口から取り沙汰されていたが、予想外の暖冬が続いている。とはいえフランスの東部は、少し標高が上がると冬景色。渋滞やスリップ事故を誘発し、主要道路を全面麻痺させてしまう雪は、ドライバーから見ると、あまりうれしくない代物だ。 昨年3月のことだが、当時の深刻な雪害を受け、民衆運動連合(...

子羊肉とひよこ豆を煮込んでみよう。

 日本ではひよこ豆と呼ばれているポワ・シッシュpois chichesは、タンパク質、繊維、ビタミンに富んでいるすぐれた食材だ。地中海沿岸の国々では、クスクスなどさまざまな煮込み料理に入るし、ペースト状にしてフムスというおいしい前菜にもなる(右欄に作り方)。その粉からは、ファラフェルという揚げだんごが作られるし、インド...

親子で楽しめるダンス教室。

担当するのは、ダンサー兼振り付けのトマ・ルブラン氏 振り付け師ホセ・モンタルヴォとドミニク・エルヴェの就任以来、コンテンポラリーダンスの発展に力を入れている国立シャイヨー劇場。ダンスの殿堂として確固たる地位を築いているこの劇場に、親子で楽しめる体験教室もある。たとえば〈Chaillot Famille〉は、ダンス観賞後...

豊かなドキュメンタリー作品

Arte Editions 24.99€ 誰かが踊る姿は、見ていてこちらの心も踊らされる。だが今回は、美しいダンス鑑賞に飽き足らず、一歩進んで、踊ることを選び取ったダンサーたちの内面世界までをも垣間見られそうな、豊かなドキュメンタリー作品を紹介したい。大人も子どもも夢中になりそう。①Graines d'Etoiles ...

フランスにもいたオモシロ候補。

 フランスの今年の主要なイベントの一つ、3月の市町村議会議員選挙。どこの国でも選挙となれば、候補者たちは自分の知名度向上に苦心する。3万6千もの市町村があるこの国のこと、面白いパフォーマンスを見せてくれる候補者がいるのではないかと気になって調べてみた。 もっともオーソドックスで毒がないのは、自分の名前をネタにすることだ...

「移民の二世三世は、 母国語から離れていく」

—母国語で読むということ— パリの様々な外国人コミュニティと活字文化の関係を取材しているが、今回はマクロな視点に立って見ている人を紹介しよう。ポルト・ドレにある国立移民歴史記念館*が隔月で刊行している学術誌『hommes&migrations(人間と移民)』の編集長、マリー・ポワンソさんだ。政治学の博士号を持ち...

今が旬! ウニを求めてマルセイユへ。

 地中海でとれるウニは、冬にその最盛期を迎える。毎年開催される通称「ウニ祭り」は、マルセイユ市から西へ30キロほどにある、Carry le Rouetという港町で行われている(www.otcarrylerouet.fr)。2月の日曜日、この小さな港は海の珍味を思う存分堪能しようと、多くの人々が集う。フランスでもローマ帝...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る