Ovni | Numéro 757

ファウスト、メルニコフ

二人による ベートーヴェンの ヴァイオリンソナタ 全集は素晴らしい! Harmonia Mundi  ボクが最近一番よく聴いているヴァイオリニストは、イザベル・ファウスト。メシアンの『世の終わりのための四重奏曲』での彼女 […]

今が食べどき●roussette

  皮をはがされ、白とピンクが混じり合った肌を見せて、ごろりと並んでいる、saumonetteとも呼ばれる小さなサメ。エイと親類で、中骨は軟骨で、小骨がなく食べやすいし、値段もキロ10ユーロをちょっと超えるくらいなので、 […]

始まりは6本の 銀のスプーンから。

金銀細工師のグジさん。 金銀細工師  1974年、結婚をきっかけに渡仏したグルジア出身のグジさん。手元には、母から譲り受けた6本の銀のスプーンがあった。「仕事もないので、これを溶かして指輪にした。10個できたから、プロ用 […]

旦那さんにもどんどん手伝ってもらおう!

 ボクは、エスパス・ジャポンで料理教室やっているのだが、生徒さんは、午前11時開始ということもあり、全員女性、そして主婦の方がほとんどだ。ところが、料理には力が必要な時がある。泡立て器で卵の白身を泡立てる時、ボウルの中で […]

本質を失わず時を重ねる。

ノートルダム大聖堂&ブキニスト。 Quartier Latin界隈(5区)  アジア文化の専門家として、大学講師、作家、映画祭キュレーターなど、多様な肩書きで活躍を続けるレイモン・ドランブルさん。生まれも育ちもマレ地区だ […]

素朴な温かみを感じる北欧の家庭料理。

 フィンランドといえば、ムーミンはもちろん、マリメッコやヨハンナ・グリクセンのような北欧デザインや、映画監督アキ・カウリスマキなど、我々にはなじみ深い。最近では、在日フィンランド大使館の発信するツイッターがとても面白いと […]

Brassaï

夜のパリなど、パリを愛したハンガリー出身の写真家ブラッサイ(1899-1984)。幼い頃に、父の仕事の関係で 1年間パリで過ごしたことが、パリへの愛情を決定づけた。その時代である「プルーストのパリ」をほうふつさせる資料も […]

「カメラの揺れは、変動する社会に呼応しています」

● 『C’est eux les chiens』のイシャム・ラスリ監督インタビュー  テレビクルーが「アラブの春」に沸くカサブランカのけん噪をとらえる。そこへ偶然通り過ぎる初老の男。かつて民衆の反乱に参加し投 […]

雇用創出企業に家族手当保険料を免除へ

 オランド大統領は1月14日の記者会見で、雇用の創出や安定に貢献する企業に家族手当保険料の雇用者負担分を免除する措置を2017年までに実施する方針を打ち出した。雇用を創出したり、不安定雇用を減らしたりする企業を対象とし、 […]

「たたき上げ」は詐欺?

ルブラン被告。  フランスが日本以上に歴然とした学歴社会であることを象徴するような裁判が始まろうとしている。フィリップ・ルブラン被告は、建築士の免許があると詐称し、1983年から30年にもわたり「開業」していたとして、ヴ […]

エイを、カリブの島風にちょっと辛いソースで。

 エイのヒレaileをクール・ブイヨンで煮てから、ケッパー入りの焦がしバターをかけ回す一品はビストロの定番で、この欄でも紹介したことがある。今回は、やはりクール・ブイヨンで煮てから、ちょっと辛いトマトソースと一緒にオーブ […]

壁から笑い続けるM.CHAT。

 モンマルトルの坂道を下っていた時に視線の会った黄色い猫。その、壁に描かれたグラフィティの猫M.CHATは、オプティミストな空気とシニカルな笑いを送ってくれる。ミステリアスな黄色い猫M.CHATは、2000年くらいから、 […]

交通事故による死亡数

3250人   2013年の交通事故による死亡数は、昨年より11%減って、3250人。 ちなみに、40年前の1973年は、約1万7千人だった。

ルイ14世時代の扇子

 王や貴族に秋波を送るとき、王女や貴婦人が優雅に扇子を口元にかざしたり…マリー・アントワネット時代に重要な役を果たした扇子70点。3月2日迄(月休)。 Musée Cognacq-Jay : 8 […]

Dans la ligne de mire

 フランスの現代ジュエリー展。奇抜で刺激的なものから、オートクチュールのジュエリー、一見シンプルだが長い手作業を経て作られた作品まで。常設展に点在していて、少しわかりにくいので、受付で地図をもらって見る方がいい。3/2迄 […]

Le Surréalisme et l’objet

Meret Oppenheim “Ma gouvernante” © Adagp, Paris 2013  アンドレ・ブルトン周辺のシュルレアリスムのアーティストが作ったオブジェが中心だが、現代作家の作品も展示 […]

同性カップルの結婚

7000件  2013年2月に同性婚を認める法案が成立し、5月29日、最初の同性婚が執り行われた。2013年中に約7000組の同性カップルが結婚した。男性同士で結婚した人の平均年齢は50歳、女性同士だと43歳と、異性間の […]

第一次世界大戦(1914-18)記念展

大戦開始から百年を記念する展覧会が各図書館で開催。 大戦中のパリジャンを伝える写真展は  Galerie des Bibliothèque(22 rue Malher 4e)で。6/15迄。 当時 […]

Fulcrand Travaux sur papier 1950/1970

Courtesy Galerie Lazarew  一般に知られないまま没したが、再評価が行われつつある抽象画家フルクラン(1914-2004)の水彩、グワッシュとデッサン。色彩画家だった彼の特徴が紙の作品にも表れている […]

David Lynch “Small Stories”

 映画監督デヴィッド・リンチの白黒写真40点。「固定されたイメージから出るとか、ちょっとした物語の方が、面白いことがある」というリンチの言葉がタイトルになった。不安を呼び起こす不思議な彼の世界が写真にも表れている。3/1 […]

やはりパプリカが決め手です。

 ハンガリーでのバカンスで記憶に残る料理は、名物のパプリカpaprikaがたっぷり入った、少々辛い豚肉や子牛の煮込み。ハンガリー・メディアテックのガボールさんおすすめのレストラン名も、そのままズバリ〈Le Paprika […]

プラネタリウムで見る天の川

 360°の円形画面に映写される、この世のものとは思えない天の川の雄大さを、リクライニングチェアに横たわり子供と共に眺めたい。2/14迄16h、2/15〜3/16は16h/17h。3€-12̈́ […]

ジョアン・フォンクベルタ展。 

 飛躍した論理で科学的証拠がないことを書いた本は、俗に「トンデモ本」と呼ばれる。フォンクベルタ展にあるのは、作者が意識して作った「トンデモ」物語だ。早い話、すべて捏(ねつ)造・偽造なのだが、科学的証拠も捏造し、見る人の意 […]

Serge Poliakoff “Le rêve des formes”

Composition au fond bleu,1954 © RMN-Grand Palais/ Gérard Blot © ADAGP, Paris 2013  パリで活動したロシア

大統領、トリエヴェレールさんと別れる

 オランド大統領は1月25日、事実婚関係にあり、ファースト・レディーの役割を担うヴァレリー・トリエヴェレールさんと別れることを公表した。トリエヴェレールさんはその直後、ツイッターに「大統領府のすばらしい職員に感謝します」 […]

兼任禁止法案、最終的に成立

 国会議員・欧州議会議員と地方行政のトップの兼任を禁止する2つの法案が1月22日に国民議会で可決され、最終的に成立した。第1の法案は国民議会議員、上院議員が市町村長・助役、県議会議長・副議長、地域圏議会議長・副議長などを […]

18区のパジョル区域は エコロな空間。 

 元SNCF(国鉄)の敷地を再開発したパリ18区のパジョル地区。中学校と市立体育館は2010年にできていたが、隣のHalle Pajolは昨年夏〜秋にオープンしたばかり。屋根はソーラーパネル(3500m2)でおおわれてお […]

有名作家のタペストリー展

 ピカソからルイーズ・ブルジョワ、オーストリア作家フランツ・ヴェスト、英ファッションデザイナー他によるタペストリーを中心に、モチーフや抽象的図柄を楽しめる。2月9日迄(月休)。 パリ市現代美術館 :  11 a […]

Hong InSook “Les Riziè̀res du temps”

© Alain Margaron  パリ在住の韓国人アーティスト、ホン・インソクの新作展。折ったり皺にした紙にグワッシュと墨を流し、筆を使わずに描く独自の作風。2/22迄。 Galerie Alain Marg […]

豊かな時間のぬくもり。

 中編『女っ気なし』と短編『遭難者』の2本がカップリング公開され、すっかりファンになってしまった監督のギヨーム・ブラックと主演のヴァンサン・マケーニュのコンビが放つ初長編『Tonnerre』。   雷鳴という意 […]

デイヴ・ホランド

 デイヴ・ホランドといえば、マイルスグループでの演奏で注目され、ソロや自分のバンドでECMで、何枚となく名盤を録音し続けた、「今」を代表する名ベーシスト。自分のバンドでも、他のミュージシャンのそれぞれの個性を生かしながら […]

ゴーティエ・カプソン

 日本でもファンの多いカプソン兄弟の一人、ゴーティエ・カプソン。世界中のオーケストラにも招かれて大活躍。今回は、ピアノに、フランク・ブレイリーを迎えて、チェロソナタの夕べ。曲目は、ベートーヴェンの均整のとれた第1番、シュ […]

OVNI 757

OVNI 757 : 01/02/2014 ダウンロード

PSAに国と中国の東風汽車が資本参入

 PSAプジョー=シトロエンの監査役会は1月19日、国ならびに中国第2の自動車メーカー東風汽車の資本参加を原則で承認した。その資本参加は2段階に分けた計30億ユーロ規模の増資の形で行われる。第1段階では、国と東風が8億ユ […]

中絶を容易にする条項を可決、反対運動も

 国民議会は1月21日、人工妊娠中絶を女性の権利として認めるという条項を可決した。同条項は公衆衛生法典2212条1を改正するものとして、男女同権法案に盛り込まれた。「困窮状態にある妊婦は人工中絶を行うことができる」という […]

地方自治体整備で地域圏の数を削減へ

 オランド大統領は1月14日に記者会見を開き、雇用促進のための企業優遇策(2頁参照)、失業問題、アフリカへの軍事介入などについて政策方針を述べた。そのなかで、市町村、県、地域圏の重複する役割を整理し、地域圏を皮切りに支出 […]

クラシックカー競売会

   グランパレで英Bonhams社(1793年設立)クラシックカー競売会。フェラーリ275GTB/4(約250万€)ポルシェ962C(70-90万€)、世界に5台しかない19 […]

旧ロシアの旅〈写真展〉

 ガラス版にカラー写真を焼き付ける技術を開発した化学者プロクジン=ゴルスキー(1863-1944)。ニコライ2世下、1909年から7年間、ヴォルガからウラル、ウズベキスタン、シベリアまで回って撮影した写真は3500枚。4 […]

欧州ハンドボール選手権でフランス優勝

1月27日付レキップ紙。  デンマーク・ヘアニングで開催されていた欧州男子ハンドボール選手権大会で、1月26日に決勝戦が行われ、41-32でフランスがデンマークを破って2006、2010年に続く3度目の優勝を果たした。フ […]

深夜デートにオススメの、お肉がおいしいビストロ。

 レアールのジャズクラブでコンサートを観た後に、雰囲気抜群でおいしい食事ができるのがこのお店。小さな通りでひっそりと深夜営業を続けている。小さな間口ながら、古い木組みの梁が印象的な外観。入り口には、年季の入ったバーカウン […]