Ovni | Numéro 661

新型インフル緊急態勢。

 世界保健機関WHOによると、4月メキシコで発生した豚インフルエンザは南半球から北半球へと広がり、8月末現在177カ国で約21万人が感染、2185人死亡(米州1876人、欧州85人)、フランスでは9月10日現在、約6千人 […]

カルターブルを背負って…。

 桜は咲かぬとも、日本より半年早く新学期の季節が近づく。結局、突然舞い込んだ物件情報に乗じ、パリ内で引越しをすることに決めた。ミラは15区の公立小学校に入る。せっかく受験をした国立小学校は泣く泣く辞退した。 入学前にはい […]

2週間の数字

30人目 9月4日、アフガニスタン東部でフランス軍の装甲車が爆破され、乗っていたヨアン・ナガン伍長が死亡した。2001年末以来、フランスはアフガニスタンに軍隊を派遣しているが、これで死亡者数は30人に達した。現在フランス […]

チャツネ chutney

 カレー(628号参照)などインド料理を作ることが大好きな人は、甘いもの、辛いもの、マンゴーチャツネやライムチャツネなど、”sweet 甘いもの”、”hot 辛いもの” を […]

ココナツミルク lait de coco

  今回の野菜カレーにも加えたココナツミルクは、カレーの辛さのかどをとり、まろやかな風味を加えてくれる。東南アジアのデザートにもよく使われる。中華食料品店や大きなスーパーで売られているが、買う時には料理用かデザ […]

細い山道をビュンビュン 走るオバちゃんたち

 初めまして! レーシングドライバーの三上和美です。これまで日本を中心にレース活動を行ってきたけれど、昨年2月の「ラリー・モンテカルロ(ヒストリック部門)」に出場し、ヨーロッパの自動車文化の奥深さに大ショックを受けて移住 […]

お化けアナゴを料理

 ウエサン島には一軒だけ、ジェケルさんという漁師の奥さんがやっている魚屋がある。売っている魚は漁次第。今年はサバが豊漁だったのはいいが、店に並ぶのは、毎日サバ。いくら活きがいいといっても、塩焼き、バスク風、しめサバ、刺身 […]

ニュースのことば grippe

 メキシコから広がった豚インフルエンザは ”grippe porcine” という(フランスでは最近は単に ”grippe A(A型インフルエンザ)” と呼ぶようになってい […]

政府、税金回避者への規制強化へ

 ヴルト予算相は8月30日、スイスの銀行に口座を持つフランスの納税者3000人(預金総額30億ユーロ)のリストを入手したと発言し、追徴金を支払わない場合は刑事責任を追求するという強硬姿勢を示した。さらに、タックス・ヘイヴ […]

Pierre et le Loup

 プロコフィエフが作曲した子供のための交響曲物語『ピーターと狼』。クラシック入門用の音楽として世界中で愛されてきた。フランスではジェラール・フィリップのナレーション版に親しんだ人も多い。 今月23日よりオスカーの最優秀短 […]

産院の予約は早めに!

 週末の公園は子供たちであふれかえっている。それもそのはず、子供を産み育てる環境が整っているフランスの出生率は2.02と、アイルランドと並んで欧州でもトップクラス。妊娠中の医療費や出産費用は、条件さえ満たせば基本的に医療 […]

Musée de la Poste

 前からモンパルナス駅横にある郵便博物館が気になっていたが、その夢がかなった。 これまで「イヤ」と首を振っていた娘がようやく興味を示したのだ。 9歳にもなるとパネルや説明文をしっかりと読む。時間はかかるけれど、そこは待っ […]

イベント・のみの市情報

●テクノパレード9月19日(土)13h、テクノミュージック行進が14区ダンフェール・ロシュロー広場からスタートし、サンミッシェル、シュリー橋を渡ってバスチーユに結集、夜までテクノ祭をくり広げる。 ●EU諸国で文化遺産公開 […]

Evenements japonais en France

NOTRE COUP DE CŒUREXPOSITIONFigure de la contre-culture japonaise, Ichiba Daisuke exposera ses dessins a

2週間のニュース

8月30日、オランダのロッテルダムで開催されていた世界柔道選手権の、男子100キロ超級で、フランスのテディ・リネール選手(20)が、2年前のリオデジャネイロに続いて連続優勝!●社会党の次期大統領選候補は予備投票で ラロシ […]

Pipo au Japon – 6

白身の魚を焼いて野菜カレーを添えてみた。 Lieu jaune marine au cidre

 今年もブルターニュのウエサン島でバカンス。そこで借りている別荘の持ち主は、魚釣りの名人で、時々スズキやタラ科のlieu jaune (ポラック)を持ってきてくれる。「スズキよりポラックの方がずっとおいしい」というのが彼 […]

Cécile Duflot– 緑の党のリーダーとして大活躍。

 今年6月に行われた欧州議会議員選挙で、欧州エコロジーは16.28%の得票率で社会党の16.48%に迫った。ダニエル・コンベンディットと並んで、欧州エコロジー立ち上げに重要な役割を果たしたのが、フランス緑の党のリーダー、 […]

Mille Lacs — フィンランド料理はシンプルで彩りがきれい。  

 女性シェフ、レアさんが腕を奮うフィンランド料理店。昼なら日替り料理が10€とリーズナブルだ。本日の献立は、鶏肉入りのガレット。周りを見渡すとみーんなそれを食べていておいしそう。友人は迷いなくコレに決め、私はス […]

即席バターライス

 炊飯器で簡単にできるバターライスの作り方を紹介。といっても米をといで水加減をしたら、ローリエの葉1、2枚とバター大さじ2杯くらいを入れ、いつもと同じように炊くだけだけれど、沸騰しかけたら、フタをとって溶けたバターを混ぜ […]

LA DERNIERE GOUTTE DE SAKE – 5

Candidat au Japon : le salaire de la sueur Vous êtes dans votre lit,

コルセット職人 — 「恋愛と誘惑」に 適齢期はありません。

 若くして「フランス最優秀職人(MOF)」の称号を得ているルイーズさん。コルセット作りの職人としては、ここ20年で二人のみが得ている栄誉だ。「4歳ですでに祖母から刺繍(ししゅう)をするように仕向けられていた。ミッキーの顔 […]

Reconnaissance : Deux traducteurs francais recoivent le 17eme prix Noma

Sans eux, la plupart d’entre nous ne pourraient pas avoir accès à la littérature

Lieu jaune, lieu noir

魚屋には2種類のポラック lieu jauneとlieu noir が並ぶ。前者はやや値段が高いが、味にくせがなく身もしっかりめ。暑い日には、丸ごとゆで上げ自家製マヨネーズを添えるといい。それに比べると後者は、少々くせが […]

カルターブルを背負って…。

 桜は咲かぬとも、日本より半年早く新学期の季節が近づく。結局、突然舞い込んだ物件情報に乗じ、パリ内で引越しをすることに決めた。ミラは15区の公立小学校に入る。せっかく受験をした国立小学校は泣く泣く辞退した。  入学前には […]

白身の魚を焼いて野菜カレーを添えてみた。

 今年もブルターニュのウエサン島でバカンス。そこで借りている別荘の持ち主は、魚釣りの名人で、時々スズキやタラ科のlieu jaune (ポラック)を持ってきてくれる。「スズキよりポラックの方がずっとおいしい」というのが彼 […]

パリ・マジック!

フランスにもマジックのファンが多い。ボクの息子も小学校高学年の2年間、水曜の子供向けマジック教室校に通い、カードやロープを使った芸でみんなを驚かしてくれたものだ。そんな時の自慢たっぷりな子供の表情はなかなかいい。 今回の […]