Ovni --| Numéro 648

2週間のニュース

2月1日、ハンドボール世界選手権の決勝戦がクロアチアのザグレブで行われ、フランスがクロアチアを24対19で下し、8年ぶり3度目の優勝を果たした。●〈ヴァンデ・グローブ〉はデジュワイヨが優勝 2月1日、単独無寄港世界一周ヨットレース〈ヴァンデ・グローブ〉で、ミシェル・デジュワイヨが大西洋岸のレ・サーブル・ドロンヌ港にゴー...

シンデレラの座から 一兵卒に転落。

「シンデレラ」とは、サルコジ大統領が内相時代に見出し、セシリア元サルコジ夫人に彼女の「妹」と可愛がれ、サルコジ新政権で法務相に抜擢された43歳の新星ラシダ・ダチ氏。 彼女はパリ郊外に暮らすアルジェリア・モロッコ系移民家族の12人兄弟の一人。サルコジ大統領が打ち出した内閣の「多様性」を示す看板娘ダチは、大統領離婚前はセ...
article placeholder

2週間のニュース:言葉、数字

カリブ海に浮かぶ海外県グアドループとマルチニークを数字で見ると…。45万3000人グアドループ(県庁所在地はポワント・ア・ピートル)の人口。マルチニーク(県庁所在地はフォール・ド・フランス)は人口41万1000人。26.9%グアドループの失業率。マルチニークは22%。フランス全国の失業率は約8%だから、両...

バルザックの料理帖–10

 バルザックによれば、シャンパンは会食者の「活気づけ」「頭を上げ」「目を輝かせ」「笑いを誘い」「会話を弾ませ」、しかも「思い出をクリアに」してくれるらしい。お祭り騒ぎが好きな作家のこと、脱稿の後に出かけたレストランで、好物の牡蠣を平らげながらシャンパンを飲み、陶酔しながら作品の将来に夢をふくらませていたに違いない。 「...

牛肉のビール煮、オステンドの味を求めて。Carbonade a la flamande

 ベルギーの港町オステンドで食べた名物の牛肉のビール煮は、こってりとした風味で舌にこびるおいしさ。その味を求めて行き着いたビール煮をこっそり教えます。コツはブロンド色のルーroux blond! 肉は肩肉paleronがいい。1.5センチほどの厚さに切ってから二つに切り分ける。タマネギは二つに割ってから、薄くせん切りに...

乳歯が抜けるとネズミが…

 夕方幼稚園に迎えに行くと、ミラが「取れちゃうみたい」と口を開けてきた。下の歯が一本グラグラだ。乳歯が生えかわるのだ。フランスでは、抜けた乳歯を枕の下に入れておくと、夜の間にネズミがやって来て、歯をコインに取り替えてくれるという。フランス式は物語性があるなと感心。ワクワクしながら歯が落ちるのを待った。 ところが待てども...

リリアン・チュラムの怒り。

 カリブ海に浮かぶ島、グアドループはフランス海外県の一つだが、1月中旬以来、島の物価高に抗議するストが続き、まひ状態になっている。2月4日付ルモンド紙のインタビューで、同県出身で、フランス代表に142回選ばれるという記録を持つ元サッカー選手リリアン・チュラムが、グアドループの住民が抱いている怒りを代弁している。 「2週...

Le Petit Fugitif

 50年代のブルックリン。7歳のジョイくんは、ママが留守の間、お兄ちゃんの悪巧みで家出をするはめに。幼い彼がひとり辿り着いたのは、遊園地コニーアイランド。冒険あり、労働あり、出会いあり…。たった24時間の小さな逃避行は、彼をちょっぴりオトナにするのだった。 映画史に慎ましく輝く、知られざる傑作のリバイバル上映。「本作...

L’Entetee|ジュリーさんの素朴で温かな雰囲気のビストロ。

26席のこぢんまりとしたビストロ。店内は懐かしい雰囲気が漂いながらも、モダンな家具や内装で若々しさにも満ちている。シェフは、肉料理が大好きなコルドンブルー料理学校出身の31歳の女性だ。 メニューは昼も夜も同じ。昼なら前菜+メイン、またはメイン+デザートが20€、 3品なら26€。夜はそれぞれ25€、30€と割...

親子で楽しむクラシックコンサート。

 バイオリンを習う娘に生の音楽の臨場感を味わわせてやりたいと、これまでにジャズコンサートやラテン系音楽のコンサートなどを一緒に楽しんできた。とはいえ娘が習うクラシック音楽の敷居はなかなか高い。そんな時、友だちが娘にとプレゼントしてくれた一枚のDVDがよいヒントになった。  『La Musique classique ...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る