Jardin d’Acclimatation 順化園、リニューアル。

1928年からある老舗のクルージング「La Rivière Enchantée 魅惑の川」も健在。

Jardin d’Acclimatation

ジェット・コースターは思った以上にスリルがある。

 子どものいる家族にはおなじみのジャルダン・ダクリマタシオン。もとは1860年にナポレオン3世とその妻のウジェニー皇后がオープンさせた由緒ある庭園で、パリ西方のブローニュの森に広がる。遊園地や鳥舎、農場を併せ持つが、子どもが成長すれば足が遠のきがちになる場所だった。

 ところが去る6月、9カ月に及ぶ工事を終え、年齢問わず楽しめるレジャースポットに生まれ変わった。ジェットコースター「スピード・ロケッツ」や、10メートルの高さから落下する「La Tour de l’Horloge 時計塔」など、ティーンや大人にも手ごわい乗り物も登場した。園全体の雰囲気はSFのジャンル「スチームパンク」を意識。つまりは産業革命の歯車や蒸気機関、エッフェル塔に代表されるパリ万博時代の鉄骨建築、ジュール・ヴェルヌ的な冒険ファンタジーなどのイメージが混在するのだとか。40ある遊園地のアトラクション(うち17が新設)は、そんなレトロフューチャーな世界観を反映したデザイン。

アヒル釣りに仲良し兄弟が挑戦中。

 一方、マジックミラーやギニョール劇場、400頭の家畜がいるノルマンディー風農場など、定番の楽しみはしっかり残す。130年来の人気者・ミニ機関車は、地下鉄ポルト・マイヨー駅から園まで従来通りつないで走る。

 ピクニックコーナーも完備し食べ物の持ち込みも可。アスレチックや水遊び場などアクティビティの4割は無料で開放する。富裕層を顧客に持つ巨大企業LVMHグループの管理下にあるが、マルク=アントワーヌ・ジャメ会長は、「社会貢献は大事なミッション。誰でも気軽に楽しめる場所を意識した」と胸を張る。隣接する同社肝いりの現代アートの殿堂ルイ・ヴィトン財団美術館の見学も含め、贅沢すぎる1日を約束する。(瑞)

お隣にはガラス張りのルイ・ヴィトン財団。


Jardin d'Acclimatation

Adresse : Bois de Boulogne, Rue du Bois de Boulogne, 75116 Paris , France
TEL : 01.4067.9085
アクセス : M°Les Sablons
URL : www.jardindacclimatation.fr
月〜金 10h~19h。土日祭は20時まで。 入場料5€/3歳未満無料/乗物1回券2.9€