カフェ・バー

Gossima Ping Pong Bar|誰もが楽しめる、大人のためのピンポンバー。

誰もが一度は経験したことがあり、スポーツが苦手な人でも気軽にできるのが卓球。日本でも10年ほど前から密かな人気の卓球バーが、ついにパリにも登場した。 この7月から営業開始のこちらは、世界選手権優勝者で「音速のフットワーク」と呼ばれたジャン=フィリップ・ガシアン、フランス選手権チャンピオンでカット打ちの達人パト...

Delaville Café|モザイク画が印象的な、使えるレストランバー。

ボンヌ・ヌーベル周辺には、最新の大作映画がかかるLe Grand Rex、テクノの殿堂Rex Club、コメディーが得意のジムナーズ劇場などが集まり、大型のカフェやバーが並ぶ。 そのなかでひときわ目を引く、レインボーのテントが印象的なドラヴィル・カフェ。広いテラス席は、昼夜を問わずいつもにぎわっている。 ...

紫煙をくゆらし、密かに楽しむひとときを。

モンパルナスのひとけのない裏通りにぽつりとたたずむ、これぞ隠れ家。ラテンのリズムに包まれたバーカウンターを抜けると、ガラス張りのシガーケース。その奥には、ゆったりした空間に革張りのソファーが並べられた喫煙ルームがしつらえられている。とかく愛煙者には肩身の狭いこのご時世、シガーの煙をくゆらせながら、これだけ広々として...

Kitty O’Shea’s|セント・パトリックス・デイはアイリッシュパブで乾杯。

ヴァンドーム広場のすぐ近く、カプシーヌ通りにある老舗アイリッシュパブに足を向けた。アイリッシュパブは基本的に毎日開いているし、ちょっと一杯、という感じの気軽さが魅力。まずはカウンターに直行して、「ワン・パイント・オブ・ギネス・プリーズ」。なみなみと注がれたギネスが出てきたら、お金を払うキャッシュ・オン・デリバリー。...

パリでおいしくワインが飲める店

L'Age d'Or *オヴニースタッフが通っている店がほとんど。値段も手頃な超おすすめの店ばかり。地下鉄に乗ってでも出かける価値ありです。     1区 ●Bistrot des Halles 赤と白、各地方バランスよく選ばれたワインを味わうことができる。チーズやソーシソンの盛り...

パリにあるワインバーを飲み比べてみました。

13年ほど前にパリのワインバー特集を組んだことがあるが、それ以来大きな変化が現れている。それはナチュラルワインを売り物にするワインバーの台頭だ。この新世代のワインバーでは、これまでのワインを悪者のごとくメニューから追いやってしまったし、従来のワインバーには、どこか新参者を軽蔑するところでもあるのか、ナチュラルワイン...

Baron Rouge|パリにいる幸せをつくづく実感できる

パリでも一番活気のあるアリーグル市場。20年以上前に近くに住んでいたことがあり、市場の帰りがけに重たくなった買い物袋と、空の1リットル瓶をぶら下げて、ソーヴィニョンの白を一杯引っかけに寄っていた店が〈Baron Rouge(赤い男爵)〉。カウンターは飲み助おじさんたちであふれかえり、おしゃべりに花が咲いていた。...

Le Barav|隠れ家的なワインバー

レピュブリック広場のマレ側の小道にたたずむ、隠れ家的なワインバー。選び抜かれた銘品ワインと、おいしいおつまみ。そして食事もできる。ワインはグラス5€。ボトルで注文すると、カーヴでの販売価格に「droit de bouchon」と呼ばれるチャージ(5€)が加算。値段はとても良心的で、ミネルヴォアの07年が15€+...

L’Alimentation Générale|気負わずに誰もが楽しめる、感じのいいクラブ&バー。

おしゃれで美味しいお店が多いJean-Pierre Timbaud通り。その中程に、夜明けまで多くの人だかりが出来ているのがこのクラブ&バー。街角の食料品店のような名前だが、まさにその名の通りに誰もが気軽に訪れて楽しめる場所。よくお高くとまった風のクラブの前では、意地悪なガードマンと入れてもらえない人たちの...

L’International|音楽好きに休みはない。年中無休のライブバー。

ライブコンサートとDJプレイが毎日楽しめる〈ランテルナシオナル〉。ロック、フォーク、ポップ、エレクトロなどのジャンルの音楽が、365日、年中無休で聴けて、なんと入場無料! 毎日2〜3組のライブコンサートがあり、週末でなくても人が店の前まであふれている。ライブスペースは地下階にあり、天井も低めでアンダーグラウンド感た...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る