ワイン以外のお酒

Noilly Prat

ベルモット酒というとイタリアのマルティーニが名高いが、フランスには、地中海沿岸のマルセイヤンという町で作られているノワイ・プラットがある。 2種類の白ワインを別々に熟成させたあと、戸外に置いたたるの中で1年間寝かせる。そしてレモンやフランボワーズ風味のアルコールを加え、さらに3週間、20種類以上のハーブやスパイ...

3 Monts / Punk Ipa

 今回のレシピのソース作りで使ったビールが3 Monts。リールに近い醸造所で作られている。色はブロンドだが、アルコール度は8.5%のつわもので、その上、きちんとした苦みも備えている。時間をかけて味わいたい。Punk Ipaは、スコットランド産。2006年創業の醸造所で6種類のホップを調合して作られている名品。アルコー...

Crème de cassis

カシスの赤い実を、純度の高いアルコールに1カ月ほど漬けてから、砂糖のシロップを加え、ろ過したリキュールがクレーム・ド・カシスで、19世紀半ばごろからブルゴーニュ地方で作られはじめた。今でもディジョン産が名高い。アルコール度は15%以上で、1リットル中砂糖が400グラムと甘いので、ストレートよりはカクテルに使われることが...

アルファマの楽しさはアグアルデンテで始まった。

   列車でリスボン駅に着いて少し歩くと、右手にアルファマの丘がある。曲がりくねった細い石畳の道は、陽射しが強いので建物の影が濃く落ちていた。昼ごはん時になって、小さなレストランに入ったら、いかにも下町っ子という、小太りで腕の太いのおじさんたちでいっぱいだった。  塩出ししてから、さっと湯がいただけの干ダ...

ギネスのおいしさの秘けつは 注ぎ方にある。

 アイルランドはビールの国。ワインが少し高いこともあるが、パブの飲物といえば圧倒的にビールです。時間をかけて味わっているのは、ほとんど黒に近いセピアのスタウト、ギネスGuinnessか、赤みを帯びたエールSmithwick's。そのギネスだが、フランスで飲むのとはおいしさがケタ違い。秘けつは、その注ぎ方にありそうだ。①...

ギネス guinness

アイルランド人の「おさけ」、ギネスGuinnessアイルランド人の「おさけ」といえば、ギネスGuinness。スタウト系ビールを代表するものだが、そのまろやかで濃厚な味わいは比類ない。カウンター で「ワン・パイント・オブ・ギネス、プリーズ!」と頼むと、店の人は大きなジョッキ(取っ手がないからグラスかな)に7分目ほどギネ...

アイリッシュコーヒー

熱々のアイリッシュコーヒーひと昔前、たそがれのダブリンは土砂降りだった。濡れネズミになって友人宅に着いたら、すぐに出てきた熱々のアイリッシュコーヒー。うまかった!   熱さに強い背の高いグラスが要る。熱いので、取っ手がついている専用グラスもある。グラスに熱湯を注いで熱くしておく。熱々のコーヒーを用意する。面倒 だったら...
article placeholder

シェリー酒 xeres

 スペイン南部、アンダルシア地方のカディス県にあるヘレスという町周辺で作られているスペイン産の食前酒がjerez(ヘレス)。フランスではx?r?s(クセレスあるいはケレス、ゼレスともいう)、英国ではsherry(シェリー)と呼ばれている。原料となるブドウはパロミノ、ペドロ・ヒメネス、モスカテルの3種だが、ブドウの種類以...
article placeholder

オレンジ風味のリキュール

 フランス産のオレンジ風味のリキュールといえば、グラン・マルニエGrand MarnierにコアントローCointreau。グラン・マルニエはコニャック、コアントローはしょ糖から作られた蒸留酒がベースになっていて、どちら もアルコール度40度。そのまま食後酒として飲んでもいいし、さまざまなカクテルにも使われる。今回の...

果物の蒸留酒

 フランスでは、さまざまな果物から蒸留酒が作られている。食後酒digestifとして飲んだり、タルトやフルーツサラダに加えたりする。サクランボ、ミラベル、ポワール(ナシ)、フランボワーズ…。口に含むと、それぞれの果物の香りが口中に広がる。以上の蒸留酒は透明で色がついていないのでalcool blancとも...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る