東部に軍医療テント設置

3/24
ミュルーズの病院の重症患者収容能力を補うため、仏軍の医療テントが3つ設置され患者受け入れを開始した。30人の重症者収容が可能。グランテスト地域圏は重症者774人、死者816人(29日現在)と、パリ首都圏に次いでコロナウイルス重症者が多い。そのため、特別TGV列車やヘリコプター、軍用機で患者をボルドー地方やドイツ、スイスに移送。パリ首都圏からも他地方への移送が始まり、東部と合わせて250人が30日までに移送された。医療関係者の感染リスクは重大で、東部3人を含み全国で6人の医師が30日までに死亡。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る