コカイン密輸事件:ノダン氏、ドミニカに引渡し

3/3
コカイン密輸のためドミニカ共和国で懲役20年の有罪判決を受けたフランス人パイロット2人の国外脱出を助けたとして、同国から国際指名手配されていた航空安全専門家クリストフ・ノダンさんが、滞在先のエジプトからドミニカ当局に引き渡されたことが確認された。ノダンさんは、2015年7月に元軍人ら10人と協力してパイロット2人を帰国させる作戦を計画・実行した。この脱走を受け、ドミニカは11月に元国民戦線党(FN)のエメリック・ショプラード欧州議会議員ら2人とともにノダンさんを国際指名手配。2月11日に控訴審でも懲役20年となった2人のパイロットは帰国後に逮捕されて、マルセイユに勾留されている。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る