ベタンクール裁判-ヴルト元予算相、無罪

5/28
ロレアルの大株主リリアーヌ・ベタンクールさん(92)の精神的衰弱を利用して不当に金銭を得たとされる被告10人に対する判決がボルドー軽罪裁判所で言い渡された。2007年のサルコジ氏の大統領選挙資金係として5万ユーロを受け取ったとされるヴルト元予算相は求刑通り無罪に。総額4億5千万ユーロに上る恩恵を得た写真家フランソワ=マリ・バニエ被告(67)は禁固3年(うち6カ月は保護観察期間)、罰金35万ユーロ、さらにリリアーヌさんへ1億5800万ユーロの慰謝料の支払いを言い渡された。元財産管理人パトリス・ドメストル被告は禁固2年6カ月(うち保護観察期間1年)。この2人は控訴する構え。また、ドメストル被告をリリアーヌさんの全財産の相続人にする遺言状を書いた公証人ジャン=ミシェル・ノルマン被告には25万ユーロの罰金が科された。