1月のテロの人質 メディアを告訴

4/1
1月に起きたパリのユダヤ食品店人質事件で、店内の冷蔵室に隠れて難を逃れた6人がニュース専門局BFM-TVなど複数のメディアを告訴した件で、パリ検察局は予備捜査を開始した。6人は、犯人が店内に立てこもっている最中に、客が店の裏側の冷蔵室に隠れていることをメディアが報じたことで、人質の人命を危険にさらしたと3月27日に告訴。犯人は籠城中にニュースをチェックしていた。この問題では、視聴覚高等評議会(CSA)が、2月11日に16の放送メディアに警告状を送っている。