産婦死亡事故で麻酔医を逮捕

 9月26日、ピレネー・アトランティック県オルテズ市の産科クリニックで帝王切開を施された産婦(28)が死亡した事故で、全身麻酔を担当した麻酔医(45)が30日に逮捕された。産婦は心停止状態でポー市の病院に移送されたが死亡した。新生児は無事だった。このベルギー人女性麻酔医は手術の後、酒に酔った状態で警察に出頭し、アルコール中毒症状があると自ら認めた。飲酒後に麻酔措置をしたとみられ、重大過失致死の疑いで逮捕され、勾留されている。警察は麻酔医が薬や麻酔の施術を誤った可能性があるとして捜査を進めている。