野口久光没後20周年〈映画ポスター展〉

 1930年代から川喜多夫妻によってフランスの名作が日本に輸入され、1933年、東和商事(後の東和映画)にポスター作家として雇われたのが野口久光(1904-94)。日本人には懐かしい1000作にのぼる洋画のポスターを制作。トリュフォーは『大人は判ってくれない』のポスターを一番気に入っていた。野口ポスター展はシネマテークの中2階で5月4日迄(12h-19h/日10h-20h火休)。
18点展示。無料。
La Cinémathèque Française : 
51 rue de Bercy 12e

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る