ソー公園でクラシック音楽(8月)

 ソー公園のオランジュリーで開催されているクラシック音楽のフェスティバル。8月のプログラムをのぞいてみよう。
 7日は、サンクトペテルブルグ弦楽四重奏団がボロディンやショスタコヴィッチの弦楽四重奏曲を弾く。そしてピアニスト、ジャン=ルイ・アグナウエールが加わったブラームスの『ピアノ五重奏曲作品34』。8日は、ピアニスト、ジャン=フランソワ・エセールで、ラヴェルの『夜のガスパール』やアルベニスの『イベリア(抜粋)』。15日はラファエル・オレッグのバイオリン、マルク・コペのチェロ、フランソワ=フレデリック・ギのピアノで、ハイドン、ベートーヴェン、ブラームスのピアノ三重奏曲。22日は、最近出したショパンのマズルカ集が評判をよんでいるジャン=マルク・ルイサダで、バッハのフランス組曲第5番やショパンのバラード他。(真)
いずれも17h30。
22€/30€、18€/25€(15-26歳、
失業者)、5€/12€(7-14歳)。
予約は01.4702.2229。
RER B線、Parc de Sceaux駅下車。