2週間の数字

30人目
 9月4日、アフガニスタン東部でフランス軍の装甲車が爆破され、乗っていたヨアン・ナガン伍長が死亡した。2001年末以来、フランスはアフガニスタンに軍隊を派遣しているが、これで死亡者数は30人に達した。現在フランスは約3000人の兵士を派遣している。今年は選挙の年ということもあってか、タリバンの攻撃が一層激しくなり、315人の外国兵士が死亡。戦闘が激しくなるにつれて市民の犠牲者も急増中。9月4日、アフガニスタン北部で、北大西洋機構NATO軍が誤爆し、市民90人以上が死亡している。

0.8%減
 2009年の1月から8月にかけて家賃がフランス全国平均で0.8%下がった。パリではわずか0.5%減だが、ボルドーでは4.2%、レンヌでは3.7%、ストラスブールでは2.4%、マルセイユでは2.2%下がった。平米あたりでは、やはりパリが一番高く21.5€。

6%増
 10月から、タバコの値段が6%上がり、一箱平均5.6€になる。タバコの値上がりは2007年8月以来のこと。来年1月にも値上げが予定されている。