マーラー『大地の歌』

 グスタフ・マーラーが晩年に作曲した声楽とオーケストラのための交響曲『大地の歌』。李白など唐詩の世界に託しながら、死を前にした諦観を表現した傑作。ケント・ナガノ指揮のモントリオール交響楽団をバックに、テナーのクラウス=フロリアン・ヴォイトとバリトンのクリスチャン・ゲルハヘールが歌う。
28日20h。10€~60€。
Salle Pleyel : 252 rue du Fbg St-Honoré 8e
01.4256.1313  M°Ternes


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る