能・狂言


 松浦眞人とジェローム・ヴァキエという日仏二人の役者による能・狂言の公演に出かけたい。能の演目は世阿弥の名作『羽衣』。羽衣を返してもらって天に帰ることができることになった天女のお礼の舞が見どころだ。狂言は『隠狸(かくしだぬき)』と、ウード・ラブリュスの戯曲をアレンジした『Monsieur et Monsieur』。フランス語で演じられると狂言がどんな風になるのだろう、興味津々だ。笛と鼓は、豊島由佳、パスカル・グットマン。(真)


17日~19日(20h30 15L)は
Espace Bertin Poiree : 8-12 rue Bertin Poiree 1er 01.4476.0606

20日~27日(20h30 13.5euros/9euros)は
Centre Mandapa : 6 rue Wurtz 13e 01.4589.0610