フェアトレード commerce equitable

 

「フェアトレードはおしゃれ」

マーケティングを学ぶDESSの学生7人が、フェアトレードを一般、特に若者に広めるために作ったアソシエーションが「コンソマジールConsom’agir」だ。会長のシャルロットさんは、「流行に沿うことと、労働条件や環境を考慮して作られた服を着ることは両立します。フェアトレードに未来あり」と、フェアトレードでおしゃれに着こなすことを提案する。こうして、4月末に、パリのヴィレット地区のカフェで、フェアトレード・ファッションショーを開いた。テーマは「倫理にかなったことはシック!」。友人たちをモデルにして、イデオ、エトス、アジムート、バヤデールなどのコレクションを、アクセサリーやカンボジアのNGOが作るショールと共に紹介。入場制限が出るほど盛況だった。

倫理にかなうファッションショー
Ethical Fashion Show
労働者の人権を尊重し、環境を考慮した服作りをするクリエーター50人が、インド、ブラジル、スイス、マダガスカルなど世界中から集まって、ファッションショーを行う。ファッション業界でフェアトレードを実践している、知られざる質の高いクリエーターをプロモートするのが目的。10月7日から9日まで、Espace des Blancs Manteaux(48 Vieille du Temple 4e)で。業者とプレスのみだが、9日は一般も入場可。www.ethicalfashionshow.com

 

フェアトレードのファッションメーカー
●Ehtos
エトスの製品は、ビオでフェアトレードのコットン使用。着やすいデザインのTシャツやスカート、パンツが、ニュアンスのある濃いパステルカラーで揃っている。ラスパイユ(日)やバティニョル(土)のビオの市や、ビオの見本市〈Marjolaine〉で買える。

●Ideo
こちらもビオでフェアトレードのコットン製品。子供用、男性用もある。カジュアルなTシャツには独特の模様が。インド製。
www.ideocollection.com

●Azimuts
ネパールで作るコットンとウール製品。エスニックなデザインからシンプルなものまで。女性用、男性用、子供用。塩素漂白なし。重金属の染料不使用。売り上げの1割を、ネパールの貧困層の子供たちの養育に使っている。子供服は、パリのフェアトレード店や「マルジョレーヌ」(11/5-13 : Parc Floral de Paris)、「プリムヴェール」(2月リヨン)などのビオの見本市でないと買えない。通販あり。
www.azimuts-art-nepal.com

●Altheane
フリルやレースがついた、ヨーロッパデザインのロマンチックなナイトウェア。すべて白いコットンで高級感がある。幼児用も。マニラのスラム街の女性たちの経済的自立を支援するNGOが製造している。ボンマルシェ、ギャラリー・ラファイエットのナイトウェアコーナーで販売。www.altheane.com

 

 

Azimuts

フェアトレードの化粧品メーカー
●Ethis
スリランカのビオの緑茶、ペルーのカカオバター、パラグアイのビオの砂糖を使ったクリームやボディクリーム。マックス・ハベラーのラベル付き。www.ethis.fr
●Forestpeople
ホホバやアルガンなどの油にエッセンシャル・オイルを加えた、マッサージオイルや化粧オイル。ジャスミンやイランイランのスキンローション。www.commercequitable.com
ethis

1 2 3 4

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る