アーヘン(エクス・ラ・シャペル)へ週末旅行。

パリ北駅から列車タリス(THALYS)に乗って3時間。
パリから気軽に出発できるアーヘンは、世界遺産の大聖堂がある、
小粒ながら魅力溢れる町。
そして町の名の語源を「水」に求められる、
古くからの温泉保養地でもある。
中世ヨーロッパに大帝国を築き上げたカール大帝の記憶が端々に刻まれるベルギーとオランダとの国境に佇むこの町へ、
週末旅行へふらっと出かけてみよう。

町のシンボル、世界遺産の大聖堂
 ロマネスク、ゴシック、バロック様式が混在する大聖堂は町のシンボル。フランク王国カール大帝が建立させ、最初の完成は805年。10~16世紀には歴代の皇帝30人以上の戴冠式が行われた。伝説によると、入口中央扉にある右側のライオンの口に手を入れると悪魔の親指に触れられるという。また聖堂内にある聖母マリア様はなかなかおしゃれさんで、町の有力者らが高価な洋服や宝石を進呈したので、「町一番の裕福なマダム」と言われる。内陣にある27mの高さのステンドグラスも圧巻。聖堂に隣接する博物館Dom-schatzkammerへ行けば、大帝の棺や聖遺物など神聖な宝物が間近に見学できる。
路上で待ち伏せする噴水
 町には40ほどの個性的な噴水がある。間接が自由に動くマリオネットたちの噴水は特に人気。また生きた鶏を盗んで見つかってしまった泥棒の像のある噴水も。町のガイドには、「アーヘン市民はとても心が広いので、泥棒までも銅像にする」と書いてあるのがご愛嬌。さあ滞在中にいくつの彫像に出会えるか。
ブルジョワ市民の生活が静かに蘇る
 家具や生活用品で18、19世紀のブルジョワ市民の生活を再現するCouven博物館。ここはドイツで初めてチョコレートが作られた場所であるという薬屋の一室がそのまま残る。当時はチョコも処方箋がないと買えず、薬と見なされていたのだ。時が止まった感じが、フェルメールの絵を思わせる空間だ。

カール大帝を長生きさせた温泉水
 アーヘンは紀元前の昔からリュウマチに効果がある温泉水で名高い。町の目抜き通りにある神殿風の建物Elisenbrunnenでは、市民自慢の温泉水が試飲できる。だが手にすくって飲むと…「熱い!まずい!」。腐った卵を溶かしたような匂いがつんとくるので、正直言って飲むのは勇気が必要。だがこの温泉水のおかげで、カール大帝は当時にしては大変な長寿(72歳で没)に恵まれたという。市内には最新設備を誇る温泉Carolus Thermen Bad Aachenがある。ここは色々なテーマの温泉やサウナの部屋が充実しており、さながら温泉のテーマパークともいうべき遊戯的な面がある。サウナの部屋では水着着用不可だが、ドイツというお国柄かみな裸でも健康的な雰囲気。
 
クニャッと柔らかい名物菓子Printen
 プリンテンはアニスなどの香辛料の味がするアーヘンの名物菓子。チョコでつやつやにおめかししたもの、ナッツをちょこんとお腹に乗せたものなど、どれもとても可愛らしい。外見はクッキーを思わせるが食べるとクニャッと柔らかい。カフェでゆっくり試食をしたければ、町で最も歴史のあるカフェVan den daeleがリラックスできておすすめ。
市民憩いの広場と市庁舎
 サンタクロース顔負けの堂々たる髭をたくわえたカール大帝の彫像がある市民憩いの場、マーケット広場 。広場に面して、もともとは大帝の宮殿であったゴシック様式の市庁舎がそびえる。時代とともに深みを増す石の質感が厳めしい感じさえする建物の側面には、歴代のドイツの王50人の彫像が飾られる。この中にカール大帝ももちろん潜んでいる。市庁舎内には、大帝にまつわるフレスコ画、彫像、剣などの古美術品が。この町は、どこまでもカール大帝一色なのだ。
ドイツ料理に舌鼓
 美味しいドイツ料理でお腹を満たしたければ、マーケット広場に面したZum goldenen Einhornへ。室内は木を基調とした暖かい雰囲気。お菓子のプリンテン入りという牛肉の蒸し煮は、口に含むと甘さと辛さとアルコールの深みがひとつに溶け合う。見た目は黒いソースたっぷりで、どこかドイツの「黒い森」を思わせる大胆さだが、意外と計算された繊細な味。また、市庁舎の左脇に入り込むようにして軒を構えるバー・レストランRatskeller Aachenもいい。アーヘンはどのレストランもスタッフがとても親切だ。(瑞)
 

pratique

●交通
タリス(THALYS)は、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツをつなぐ高速列車。パリ北駅~アーヘン間は大人往復で1等198
、2等178

詳細はwww.thalys.com

●観光局

Elisenbrunnen

Friedrich – Wilhelm – Platz

52062 Aachen

+49(0)2 41 180 2960

月~金9h – 18h

土9h – 14h

夏期は日、祝日もオープン。

http://www.aachen.de/fr/

フランス語で閲覧可能。イベントやホテルの情報もこちらから。

さまざまなガイドやエクスカーションを実施しているが、たいていドイツ語のみなので注意。

●市庁舎

Markt 52062 Aachen

+49 (0)2 41 4327310 

無休 10h – 13h /14h – 17h
大人2€

●大聖堂

Münsterplatz 52062 Aachen

+49 (0)2 41 47709-0 無休

●博物館

大聖堂の宝物館
Johannes-Paul-ll-Strasse 52062 Aachen

+49(0)2 41 47709-127 無休
月10h – 13h
火、水、金~日10h – 18h
木10h – 21h
大人4€
Couven Museum
Hühnermarkt 17 52062 Aachen
+49(0)2 41 4324421
火~金10h – 18h 土日11h – 18h 月休
大人5€

●温泉

Carolus Thermen Bad Aachen

Stadtgarten Passstraァe 79

52070 Bad Aachen

+49(0)2 41 182 74-0

無休 9h – 23h
2時間半:サウナなし11€/サウナあり22
一日券:サウナなし14
/サウナあり28

 
●レストラン

Zum goldenen Einhorn


Market 33 52062 Aachen

+49 (0)2 41 32693 無休

月~木、日 10h – 15h /18h – 22h

金、土 12h – 15h/18h – 23h

Ratskeller Aachen

Market 40 52062 Aachen

+49(0)2 41 35001
無休 11h – 0h

●カフェ

Van den Daele

Buchel 18 52062 Aachen

+49 (0)2 41 35724

●ホテル

Mercure Hotel Aachen am Dom

Peterstrasse 1 52062 Aachen

tel +49(0)2 41 18010

fax +49(0)2 41 1801100
S / W : 85€~。朝食16€。

町の中心地にあり便利。

ホテル予約専用のサイトから予約すると大幅割引可能。(www.bookings.fr)

   
 

     

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る