新印象派の技法は、静かな風景画のほうがはるかに成功している。 “Le Neo-impressionnisme de Seurat a Paul Klee”

 オルセーで新印象派展が開かれている。
 「新印象派」は、19世紀の光学色彩理論を絵画に適用し、混じりけのない色の点を並置することで、離れて見た時まとまった色の効果を出すことを目指した。スーラとシニャックが代表格だ。
 スーラは31歳で夭折したが、若いシニャックが後を引き継ぎ、技法と理論を発展させた。新印象派の斬新さはまたたく間に北ヨーロッパの美術界に影響を与え、ベルギー、オランダ、フィンランドなどから優れた作品が現れた。
 会場には、これらの画家たちの作品が展示されているが、カタログを見なければ出身国がわからない。画家たちの情報がまったくないのが残念だ。
 スーラの絵は、計算され尽くした完璧な作品と言われている。確かに。しかし、整備されたフランス式庭園のような、理論的な美につきものの窮屈さがある。理詰めで絵を描いたスーラという人は、相当なカルテジアンだったに違いない。それに加え、動きがない。躍動感を描いたはずの「サーカス」でさえ、人も馬も止まっている。
 クロスなど他の画家も同じだ。人物が描かれると、突然そこだけ画面の密度が増して重くなり、結果的に人物が硬直する。風景画では、空も木も建物も同等で調和を保っているのに、なぜか。人間を生物界の階層の頂点に据える西洋の考えが無意識に表れ、力の入れ方に差が出たのではないだろうか。
 前半の部の、風景画の展示室と人物画の展示室を見比べてほしい。例えば、オレンジがかったレンガ色と青の対比が大胆な、クロスの「アンチーブの入り江」には、色で遊んでいるような楽しさと軽さがある。人物入りの画面とは比べものにならない。新印象派の技法は、静かな風景画のほうがはるかに成功している。
 後半には、新印象派から影響を受けたが、理論の枠から解放されて、自由に創造性を発揮した画家たちの作品が並んでいる。フォービスムやキュビスムへの影響がよくわかる、説得力のある展示方法だ。モジリアニの人物像、クレーのモザイク風の海岸風景など、思いがけない作品にも出会えて、最後まではっとさせられる展覧会だ。(羽)

オルセー美術館
7月10日迄(10h-18h 日9h-18h 木21h45迄)、月休。


Galerie Yukiko Kawase
 ロンドン、N.Y、ボローニャなどの現代アートフェアで活躍しているギャラリスト河瀬由起子さんが4月より新たにオープンしたギャラリー。
 N.Y在住時代に現代アートギャラリーの仕事を始めた河瀬さんは社会学を専攻していた経験を生かし、世界情勢とアートの流れを分析して巧みに繋げる視点がとても興味深い。パリ、NY、東京を拠点に、国境やジャンルを越えたエネルギーを持つ有望な若いアーチストを発掘して育てている。7月9日までパリの日仏アーチスト「Wakana」の個展を開催中。今後はアメリカで活躍するヨーロッパ出身アーチストのグループ展を催す予定。ヒップでパワフルなビデオアーチストやウィットに富んで叙情的なイラストなど、濃いキャラクターをもった作品が多く期待できる。(久)

8, rue Adolphe Focillon 14e 01.4044.0132
火~金14-19h、土11h-19h。日月休。

yukikokawase.free.fr/


●Marian WIJNVOORD (1966-)
 視覚が精神に作用する直前、存在の残像のような風景。オランダ人画家の油彩作品。6/25迄。
Galerie Birthe Laursen :
56-58 rue Vielle du Temple 3e

●Objectif Paris 2
 19世紀から今日までのパリの写真100点。ガブリエル・ロペ撮影の1900年万博の花火に対峙するウィリアム・クライン撮影の2000年エッフェル塔の花火や、1851年にル・グレーによって完成された現像法カロタイプを用いたマルタン・ベッカの作品など。パリが掛け橋となり過去と現在をつなぐ。
7/10迄。
Pavillon des Arts :
Les Halles, Porte Rambuteau

●Gilles Sacksick (1942-)

 画面を覆う静寂な光。油彩、水彩、デッサン。7/10迄。
La Maison-pres-Bastille :
Cour Damoye, 12 rue Daval 11e
6/15~25:大阪梅田画廊でも作品展

●Joan JONAS (1936-)
 ビデオ、パフォーマンスアートのパイオニア、ジョアン・ジョナスの回顧展。ニューヨークを拠点に60年代からさまざまな媒体を用いて実験的な作品を創り続ける。初のビデオ作品から近作のインスタレーションまで。
6/8~8/28迄(月休)。
Hotel de Sully : 62 rue St-Antoine 4e

●Robert MALLET-STEVENS (1886-1945)
 1920~30年代フランスにおけるモダニズムの中心的建築家。パリの16区にあるMallet-Stevens通りには現在でも7作品が残る。作品の大部分は取り壊されたが、現在政府が作品の保存に努力している。設計図、資料写真などで代表5作品の建設過程を追う。8/29迄(火休)。
ポンピドゥ・センター


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る