Fu’tago/Twins

 パリ郊外で開催中の〈Nous n’irons pas a Avignon〉は、アヴィニョン演劇祭に行かずとも演劇やダンスの新傾向がかいま見られる、というフェスティバル。
 19日と20日は、空中ブランコ専門のサーカスアーティスト、カティ・ウルフとダンサーで振付家でもある大高きみこによる『Fu’tago/Twins』。ウルフは地上に惹かれ、大高は空中という未知の空間に惹かれきた。Fu’tagoは、そんな二人の異なる空間感覚、異なるバックグラウンドを混ぜ合わせていったら、何ができるのかを探った作品。ダンスには常にどこか重力との葛藤があるけれど、床ではなく虚空に浮かんだ双子のような二人が、どんな動きを見せてくれるのだろうか、興味津々です。(真)
いずれも15h30開演 6
/9/12
*Gare au Theatre(RER駅脇の貨物駅跡):
13 rue Pierre Semard, Vitry- sur- Seine
RER C線 Vitry-sur-Seine駅下車
www.gareautheatre.com