Aquarius–じんわり美味しさがこみ上げてくる納得のベジタリアン。

 ぽかぽか陽気に誘われて、ランチを食べにベジタリアン・レストランへ。日替わりの11€コース(夜は15€)から、友人はビーツとジャガイモのサラダと3種の野菜添えキノア(南米産の米の1種。小粒)を、私は本日のポタージュとシューファルシを頼んだ。そうしている間にも初老の紳士、家族連れなど次々と常連らしき人々が入ってくる。面白いのは、こうしたお客全員が食事のお供にワインでなくフレッシュジュースを頼んでいること。常連ともなるとブレンドもOKらしく、「キャロット・ポムで」なんて注文が聞こえる。
 ポタージュは、じゃがいもとグリンピースでさらっと軽く、ホッとする懐かしい味。シューファルシには、クミンシード風味のにんじんのグラッセ、ラタトゥイユが添えられている。肉なしのシューファルシなんて味気ないだろうと思いきや、燻製のような風味も感じられ、とても美味しいのでびっくり。気になるキノアはというと、ぷちぷちとした歯ごたえが楽しくなんだかとっても健康的。添え野菜は、にんじん、ラタトゥイユにレンズ豆が加わり、なかなかのボリュームだ。
 デザートには、いちごのタルトとチョコレートケーキを。どちらもクレーム・アングレ−ズが添えられ、日本人好みの甘さ控えめでやさしい味わい。
 最後は、ワインやビールなど飲み物のメニューにひんぱんに登場するBIOの表記の中で一番気になったBIOのコーヒー(1.22€)でしめた。すべての料理が丁寧に作られていることに脱帽。野菜の美味しさをしみじみと実感できる貴重なアドレスです。(里)

3種野菜添えキノアを前にして。
*40 rue de Gergovie 14e 01. 4541.3688
日休