ボージョレ・ヌーボー解禁!



すごい熱気です!
La Liberte, 196 rue du Faubourg St-Antoine 12e)にて。
毎年のことながら、11月の第3木曜日はボージョレ・ヌーボーの解禁日。
人より一口先に味わいたいのんべえたちは、前夜からカフェのカウンターやビストロのテーブルで、シンデレラのごとく時計の針が零時を指すのに目を凝らす。カフェ側も、カウンターに樽をどかーんと置いたり、アコーデオニストに来てもらったり、雰囲気を盛り上げる。
さあ、解禁! 乾杯が繰り返され、「今年のは、バナナ風味が強いなあ」とか「ボージョレにしては、なかなかコクがある」などしばしのワイン談義…。なかには、「ボージョレ・ヌーボーなんかワインじゃない」と息巻き、コット・デュ・ローヌやボルドーをわざとらしく頼むへそ曲がりもいたりする。
とにかく、のんべえたちには、昼間から酔っぱらっても大目に見られる、うれしい一日だ。(真)

カウンターに樽が置かれ、ご主人夫婦も
ボージョレ・ヌーボーTシャツ、エプロン姿…。
Le Bistrot des Halles(15 rue des Halles 1er)にて。


ワイン屋さんもボージョレ・ヌーボー一色。

カフェのポスター。