今宵はバブッシュでリラックシュ。


 「信号が赤になる!」と思ってはダッシュして、「あ、バスが発車してしまう!」とバスを追いかけて走る。家の外に出ると何かしらせかされている気がして、つい走ってしまう毎日。いやだなー。時代はファーストフードよりスローフードの時代。ヘイ、リラーックス! スローダウン、ベイビー。もっと “クール” に、フランス人が言うように、もっとzenに生きようではないですか、と自分に言い聞かせる。きょうは、ゆったり生きる人風、余裕満々人の態を装うための「バブッシュ」を探しに。

 ここ数年のミュールの流行で、靴屋さんにはおしゃれな「ツッカケ」がたくさん並んでいます。ヒールの高さや形もいろいろ。スニーカーだってかかとの部分がなくなって、ミュール化(=ツッカケ化)するようになって久しいのだから、もはや「靴にきちんと足が包まれていないと不安」なんて言ってはいられない。日本も一昔前まではツッカケの国だったではないですか。

 バブッシュはペルシャ語の “ba-boudj”(足をカバーするもの)が語源。ギニアなどでも履かれているそうですが、なんといってもバブッシュといえばモロッコです。イスラム教徒は礼拝の際に靴を脱ぎますが、バブッシュなら着脱簡単。ハマムでもすぐ脱げてしまう。

 そういえば日本では、靴のかかとを踏むのは不良の履き方だ、みたいな常識があって《不真面目》の演出にはかかとを踏んだものでした。バブッシュはかかとを踏んで履くもの。真面目な日本人のひとりとしては抵抗を感じるところですが、それを乗り越えて粋に達することが、今夏の課題なのであります。(美)

3人の若者が2年前に作ったバブッシュのブランド。

モロッコで生産。店ではカモフラージュ柄、
ジーンズ地(共に79
)のものなどが

よく売れるそう。ヘビ革製もある。


コラ奏者のシソコさんは、革のバブッシュ。バルベスの雑貨屋で「15
くらいだったかな」。
バルベス界隈のお店をのぞくとたいてい白、黄、茶など多色揃っています。
小豆色のブブに、空色バブッシュ。街角でも目立っていました。

「ZARAで

買いました」


THE TUBE:7-9 rue de la Ferronnerie 1er 01.4039.0292
無地にサテンのテープをあしらったものは「スモーキング」(69€)。

ほか、おしゃれエスニックモードでおなじみ ANTIK BATIKにも。

18 rue de Turenne 4e. 01.4478.0200

8 rue du Foin 3e. 01.4029.4993」

レバノン人のデザイナー、リナ・オーディさんデザインの芸術的バブッシュ。店の名前 LIWANとは、家の中で人をもてなす間、パティオのような空間を指す言葉だそうです。
かかと有りは125
、かかとなしは106
共布の袋に大切に入っています。ジョニー・デップもこのお店のファンだそうです。ジョニーも家でシルクのバブッシュを履いているのかしら。LIWAN:8 rue St-Sulpice 6e 01.4326.0740