伊藤キム・ダンス・カンパニー

新世代を代表する伊藤キムと彼のダンス・カンパニーがパリ公演。今度の作品 “Boys-Girls” では、男と女の間の複雑な感情を、辛辣な風刺とユーモアを交えて表現する。今年はリヨン・ダンス・ビエンナーレという檜舞台にも出演する。
21、22、23日/20h30
80F/50F (学生・会員割引)
*Maison de la culture du Japon :
101bis quai Branly 15e 01.4437.9595
●ノア・ローゼン・トリオ
短いリズムパターンを重ねながら、粘りを持った美しいメロディーを紡ぎだしていくノア・ローゼンのピアノには、アンドリュー・ヒルのどこまでもブラックなピアノに通じるタイム感覚がある。今回は、ベースに国立ジャズ・オーケストラを2年間率いてきたディディエ・ルヴァレ、ドラムスに佐藤真。三人がそれぞれの音世界をキープしつつ、しなやかに、そして緊張感溢れるインタープレイを展開する。
これも21、22、23日/21h 70F
*La Fenetre : 77 rue de Charonne 11e

01.4009.7040