Verte tige–気持ちイイ、ヴェジタリアン。

 ピカソ美術館の裏にあるこのヴェジタリアンのレストランは、中近東はイラン出身のカップルがやっている。
 昼は59F~69F、夜は99Fのコースからアントレに頼んだ “Espinada” は、ヨーグルトにほうれん草のピュレがフレッシュだし、”Albus” もヨーグルトをベースに干しぶどう、アネット、バラの花びら入り。シリアルのパンにピッタリ。他に野菜のパテやネギのギャレットもあってアラカルトで頼んでも22F~32F。
 主菜は、もちろん一皿だけでも注文できるが、6つのメインの中で100%ヴェジタリアン素材は、バイオのスパゲッティー・ボロネーズ風 (45F) と野菜クスクスと”Assiette Végétarienne” (シリアル6種+ラタトゥイユ+海草・ニンジン入り焼豆腐)。この3皿には動物性のバター、クリーム、チーズ等が入っていない。そしてイランの料理でもある “Grenada” は、本来登場するはずの鴨には遠慮してもらって、大豆プロテインとクルミ、プラムにザクロソース+バスマティ米 (66F)。コースならこれにデザートが付く。アントレ、メイン共、結構量があるので、デザートのクランブルまで試したい人は注意して注文したい。他には、サラダもリビア風、地中海風と6種類あって、昼なんかにもイイ感じだ。プロテイン大豆と豆腐、ヨーグルトは完全バイオ。ワインもおいしいし、店内に流れるイラン風の音楽が気持ちよかった。(麦)

*13 rue Ste-Anastase 3e 01.4277.2215

日夜・月休

上から、Espinada、Albus、Assiette végétarienne、Grenada。