パリのジャズ通り。 Duc des Lombards / Baiser Sale / Sunset

 シャトレ広場近くのロンバール通りには3軒のライブハウスが立ち並び、その日のプログラムや好みに応じて選べるのがいい。
 42番地の「デュック・デ・ロンバール」は、ストレートなジャズからエスニックなジャズまでヨーロッパやアメリカで活躍するさまざまなミュージシャンの演奏が聞ける場所としてよく知られている。100人も入るといっぱいになってしまう小さな会場だが、ガラス越しにセバストポール大通りの光りが見え、広々とした解放感が感じられる。最近は今までとはちがう層のジャズファンが増え、1回目の開演時間が20時半からと早くなった。
 58番地にある「ベゼ・サレ」は、1階のバーカウンター奥の階段を上ると、50席ほどのスペースがある。零時を過ぎると出演者の知り合いのミュージシャンたちの飛び入り演奏が始まり、朝方まで自由なセッションが続く。
 60番地の地下にある「サンセット」の店内は、天井の丸い、いかにもパリという感じのカーブ (穴倉) スタイル。80年代初めにオープンして以来、数えきれないほどの名演奏家が出演している。日曜日はボーカル、月曜日はラテンジャズ、週末は大物と、プログラムが変化し、毎晩休みなく演奏がおこなわれている。
 インターネットや情報紙でプログラムを先に確認してから行くのもいいが、気分に合わせてふらりと立ち寄るのもよいものだ。( 尚)

*Duc des Lombards :

42 rue des Lombards 1er 01.4233.2288
入場料 : 100F
*Baiser Sale : 58 rue des Lombards
01.4233.3771 入場無料、飲み物代のみ
*Sunset : 60 rue des Lombards
01.4026.4660 入場料 : 50F~100F
*各クラブの情報はwww.jazzvalley.com


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る