Expo etc

●ジャン・マレー(1913 -1998) 展
1937年コクトーが「エディプス王」の主役に抜擢して以来60年間、ジャン・マレーの俳優としての”神話”が築かれていく。写真やコクトーのデッサン他、マレー自作の陶器などを通して永遠のジャン・マレー像がよみがえる。9/5迄 Musee de la Vie romantique : 16 rue Chaptal 9e (月休)
●ベルギー・ワロン地方産ガラス作品
19世紀以来ワロン地方はガラス産業が盛ん。ロマン主義からアール・ヌーヴォー、アールデコなどのクリエーターとガラス職人との共同作品。9/12迄 Centre Wallonie- Bruxelles :127 rue St-Martin 4e (月休)
●コレットとコクトー
2作家の親交から生まれた陶芸やジュエリー、版画他、写真・資料等。9/12迄
Galerie Arcade : パレ・ロワイヤル回廊
●”Demeure”
現代作家たちのインスタレーションで埋めつくされた部屋と、デュビュッフェ、ジャコメッティなど、ザッキンと交流した作家たちの作品による “ザッキン空間” 展。
10/17迄
Musee Zadkine:100 rue d’Assas 6e(月休)