チュイルリーに近代彫刻。



接吻。ジョスパンさんの「公共の場に」という意向で、チュイルリーに。

 


 ギリシアやローマ風の古典的な彫刻であふれるチュイルリー庭園に、12点の近代彫刻が新登場しました。
オランジュリー美術館(改装のため5月5日まで閉館)横の芝生には、以前からアラン・キリリの白い幾何学形態を並べた作品がある。この作品が置かれたとき、キリリは時の文化相ジャック・ラングに「チュイルリーには近代彫刻があまりに少ない」と訴えた。

デュビュッフェ。エッフェル塔に手を挙げて。

 


「そんならキリリさんがキリモリして下さい」ということになり、ギリギリの予算でキリリがキリキリ舞いして集めた成果が、新たに展示されたのです。ピカソ美術館には作品提供を断られ、ブランクーシはやたらに高価だったという。
東西二つの噴水池を結ぶ中央道両側の芝生には、ジャコメッティやダヴィッド・スミス、エルンストら6人の作品。そしてオランジュリーの周りには、ヘンリー・ムーアと4点のロダン。

ムーア。ほんとは小さいのです。

 


これらの作品を置くため、園内のほかの所に移されたり、遠くサン・クルーの庭園に移された彫刻もあるという。
展示された彫刻は全体に小ぶりで、そのうえブロンズ製が多く地味な印象を受ける。例外はジュ・ド・ポーム脇の、デュビュッフェの大型編み目人間です。
マティニョンから来たロダンの『接吻』は、ナチの占領下にロダン美術館がドイツ将校に売ったといういわくつきのもの。でもコンコルド広場の騒音にもめげず、しっかり抱き合っています。

(稲)