Monthly Archive:: 12月 2005

Le 2 décembre, à Shinjuku Southern Terrace, sortie Sud de la gare de Shinjuku à Tokyo

A l’approche de Noël, on remarque un foisonnement d’arbres illuminés en bleu. Même après

Expo etc

●Portraits publics, portraits prives  封建時代から革命時代、帝政期、ロマン主義の時代、政治、社会、文化の変化に呼応し肖像画の役割や表現も変わった。ゴヤ、ダヴィッド、アングルなど177 […]

コンパニョナージュ(職人組合)– 研修地を変えながら経験を積んでいく。

Association des Compagnons du Devoir du Tour de France : 82 rue Hotel de

Huitres –Baron rouge

●Baron rouge  年末が近づくと、なぜかカキが食べたくなってくる。そんな時に気楽に味わえる店は、ワイン屋がそのままワインバーになっている〈バロン・ルージュ〉。量り売りワインの大きな樽が並ぶ店の奥にカウンターがあ […]

Jules-Edouard Moustic– グロランド国のテレビ番組司会者。

 毎週土曜日20時25分から、カナル・プリュスはグロランド国(首都はグロヴィル)のテレビ局に乗っ取られてしまい、その国で起こった一週間のできごとが続々と流される。どこかの共和国で起こっていることと相似しているけれど、ずっ […]

ノエルのごちそうの後には野菜のスープ。 Soupe de legumes en paysanne

 年末年始のごちそう攻めで、胃腸が参っている時には野菜のスープが欲しくなる。野菜を切り分けてから薄く輪切りにすることをtailler en paysanneというけれど、そんな風に下準備された野菜がたっぷり入ったスープで […]

Sawa sawa

L’été, le vent évoque les typhons ou les clochettes que l’on suspend sous les

OVNI 579 : 2005/12/15

「ニコラ・サルコジを迎えることはできない。私は、反植民地主義という自分の信念に忠実でありたい。2005年2月23日法を支持しているようには見られたくない」 今年の2月23日に可決された植民地政策の有益性を謳った法律に対す […]

両親は離婚したけれど…

 私たちのクラスにも両親が離婚している生徒が多い。ポーリヌもその一人。 お父さんとお母さん、いつ離婚したの?  「12歳の時。あんまりはっきりとした理由はなかったようだけれど、だんだんと心が通い合わなくなってしまったんだ […]

De l’autre cote du miroir avec Murakami Haruki

Ouvrir un roman de Murakami Haruki, c’est comme passer de l’autre côté du miroir

11月半ば夕方、M氏は

 11月半ば夕方、M氏は日本から商用で訪れた知人をロワシー空港まで車で迎えに行き高速道路をパリに向かって走っていた。環状道路へ合流する渋滞区間をノロノロ走っていたら突然、後部右側の窓がものすごい音をたてて割れ、ぬーっと伸 […]

託児所の雰囲気になじんだ。

 託児所には、新しい環境に投げ出される子供たちに、なるべく不安を与えないための配慮があった。  例えば、託児時間を段階的に増やす「慣らし保育」の期間を、二週間とたっぷりめにとってあること。この間、親が子供のそばについて、 […]