コロナ : コンフィヌマン(自宅待機)回避。衛生対策強化。

ジャン・カステックス首相。

 1月29日(金)晩、マクロン大統領と閣僚はコロナ感染対策会議を行い、そこで決められた新しい措置についてカステックス首相が会見を行った。

「コンフィヌマン 自宅待機」が必要だとする声が医師などから上がっていたが、今回は回避。とはいえ現在フランスでは2万7000人が入院、3100人が蘇生室で治療中。毎日、2000人ほどの人が、変異種ウイルスに感染している。予断を許さない状況だ。

▶︎大型ショッピングセンター閉鎖
1月31日(日)から、面積が2万㎡以上あるデパート、ショッピングセンターなどを閉鎖する。ショッピングセンター内でも食料品を扱う店は営業を継続。2万㎡以下の商店も、営業を継続できる。2月1日(月)から、大型商業施設の入場制限を厳しくする。

報道によると国内には838のショッピングセンターがあり、このほぼ半数が閉鎖となる。冬のバーゲン開始から10日しか経っておらず、これら商店には痛手となる。

▶︎企業、行政機関などでもテレワークを徹底化。

▶︎フランス出入国規制
1月31日(日)から、
・EU以外の国とフランス間の出入国は禁止(特別必要な用以外は)。
 PCRテスト義務。
・EU圏内の国からフランスへの入国は、PSR検査の結果による。
・フランス本土と海外県・領土の往来も、PCR検査の結果による。
 


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る