CBG-Mignotの鉛の兵隊

 鉛の兵隊は欧米で19世紀から20世紀前半まで男の子の玩具の定番だった。主に独、仏、英で製造され、70〜80代以上のフランス人男性はナポレオン軍や第1次大戦の兵隊フィギュアで遊んだ思い出のある人が多いそうだ。第2次大戦後 […]

フダンソウの炒めもの

 前号のフランス料理のレシピで使ったフダンソウ bletteは、17世紀くらいに中国から日本に伝わり食用にされてきた。沖縄ではンスナバーと呼ばれ、豆腐や缶詰のツナと一緒に炒めたり、煮たりされて好まれているそうだ。今回はツ […]

第72回カンヌ映画祭だより④ 初!ミニ託児所と、今年のカンヌ特製バッグ

 カンヌ映画祭で今年初めて登場したもの、それはミニ託児場です。その名も「Ballon Rouge」。1956年の短編パルムドールを受賞した、アルベール・ラモリス監督の『赤い風船』にちなんでいます。国や自治体がブースを出す […]

貧困家庭支援のため

「あなたの人種や国籍や宗教をたずねようとは思わない。あなたの苦しみが何なのかをたずねているのです」 昨年夏の号で「バカンスから忘れられた子どもたちの日」という素晴らしい活動について書いたが(857号)、それを主催している […]

ピクニックには、チョコレート入りのカトル・カール!

Quatre-quarts au chocolat  公園でピクニックするのが気持ちいいシーズンになってきた。そんなとき便利なデザートというかおやつは、やっぱりカトル・カールだろう。子どもたちの大好物だし、作るのも簡単だ […]

日仏女性劇団セラフ演じる三島由紀夫『近代能楽集』

« 5 contes modernes de Nô » d’après Mishima 5月23(木)、24(金)、25(土)  「能楽はたえず私の文学に底流してきた」という三島由紀夫が、1956年から1968年にかけて […]

タバコの消費量

9.1% 2018年度、タバコの消費量が9.1%減った。毎年のタバコの値上げが、20歳前後の喫煙者にブレーキをかけたことが主な原因とみられる。今年の3月も5%~8%値上がりし、たとえば、マールボロ一箱は8.2ユーロから8 […]

Goguette 日曜の夜でも おいしいワインとフレンチが楽しめる。

 シルク・ディヴェール劇場のすぐ隣のワインビストロ。メニューには、前菜、メイン、シェアしやすい料理を〈en attendant〉と分けて書いてあるが、ワインのお供にお腹や懐具合に合わせて自由に頼めるのがいい。友人と3人、 […]

よむたび。〈19〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 蟹の足跡(仮題) 』 Empreintes de crabe パトリス・ンガナング著 / Editions JC Lattès刊   カメルーン、戦争の記憶。  元医師のニタプは、カメルーン西部の故郷バング

ロンジオーネの演技に惹きつけられる。 『Une part d’ombre/影の部分』

 ベルギーに贔屓(ひいき)にしている俳優がいる。イケメンでもなんでもない中年男優のファブリツィオ・ロンジオーネ。ダルデンヌ兄弟作品の常連なので顔を見れば、あっ彼のことかと分かる人もいるかもしれない。彼が主演する『Une […]

Will /クラシックなフランス料理を、 しなやかな解釈と表現で。

大草真さん(41歳) 大草綾子さん(38歳)  「10歳のときには、料理人になると心に決めていました」。平日忙しく働く母親のために、休日くらいは楽をしてほしい、と朝食を作り始めたのが料理に目覚めたきっかけ。大学生の頃、山 […]

Génération en Révolution フランス革命時代のデッサン

7月14日(日)まで  仏革命時に30代だった画家たちは、王政の消滅と社会の変化によって、描くテーマ、買い手の見つけ方など、全てを見直す必要に迫られた。 ジャック=ルイ・ダヴィッドの愛弟子のフランソワ=グザビエ・ファーブ […]