よむたび。〈17〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 かくも立派なディプロム!(仮題) 』 Un si beau diplôme! スコラスティック・ムカソンガ著 / Gallimard刊 父の不在?  ルワンダ。1994年、アフリカ内陸部のこの小国で、世界に大変な衝撃 […]

サバの塩焼き

 フランスで魚料理を作ると、どうしても肉料理より高めにつく。前回の 「ふつわ」で使ったrouget barbetもキロ20ユーロ前後だが、使わない頭や骨の部分を考慮したらキロ30ユーロくらいになってしまう。でもサバだけは […]

Jean Paul Gaultier : Fashion Freak Show

 有名デザイナー、ジャン=ポール・ゴルチエの半生を歌、踊り、ファッションショーで紡ぐ驚きの玉手箱のような2時間。伝説の劇場フォリ・ベルジェールでショーを作るのは、幼少時代からの夢だったとか。  観衆が出会うのはアーティス […]

ディジョンの老舗パン・デピス屋を訪ねて。

La Fabrique de Pain d’épices Mulot & Petitjean  マスタードやカシスで有名な美食の街ディジョンには、もう一つの名産品がある。蜂蜜と香辛料入りのお菓子、パン […]

鶏肉を赤ワインで煮れば、こくのある味わいになる。

  Poulet au vin rouge  鶏肉のワイン煮込みには白ワインを使うのがふつうだが、フランス料理の定番、雄鶏のワイン煮 Coq au vin には赤ワインが使われる。それに近い味わいをふつうの鶏肉 poul […]

日産・ルノー提携15周年のパーティー

 レゼコー紙によると、2014年ヴェルサイユ宮殿で開かれた日産・ルノー提携15周年のパーティーは、提携の調印は1999年3月27日なのにも関わらず、長く東京に勾留されたカルロス・ゴーン前会長の60歳の誕生日3月9日に開か […]

Au Chant du Coq/少年時代の夢を叶えた、 地元密着型パティスリー。

金子美明さん(54歳)    人生を決めたのは、中学生の頃に書店で手にとったパリのパティスリーガイド。まるで宝石のように美しいお菓子の写真にとりつかれ、パティシエになることを決意した。 日本で職人としての経験を積み、同業 […]

3月8日(金) 国際女性デー


植田正治の世界 Le Monde de Shoji Ueda

3月21日(木)〜5月17日(金)     世界で賞賛される植田正治(1913-2000)の70年近い写真家人生のさまざまな時代の作品を、気鋭の写真ギャラリーが独特の視点で展示。21日18h〜21hのオープニングには、植 […]

パリ日本文化会館が、会館内賃貸スペースの活用アイディアを募集中!

パリ日本文化会館は、2019年5月より、1階(フランス式 Rez-de-chaussé)のスペースを、 日本文化の発信、日仏交流の拠点として活用してくださる事業主様を募集中です!  ともに文化の都パリにて、日本の魅力を伝 […]

お気に入りのバーZorbaでコンサート”Vital Idles”

3月21日(木)  オヴニースタッフお気に入りの老舗バー「Le Zorba」では、主に木・金にコンサート。ヴァイタル・アイドルズはスコットランド、グラスゴーのグループでファーストアルバムの「Left Hand」ツアー中。 […]

PRIEUR-SPORTSのフェンシング用具

 欧州中世の騎士の剣技を起源とするフェンシングとフランスの関係は深い。欧州各国・地方によってルールがまちまちだったのを、1913年パリに設立された国際フェンシング連盟(FIE)が競技のルールを統一し、スポーツとしてのフェ […]