パリ10区

Nguon Heng|びっくりするほどちいさなお店 カンボジアテイストのタイ料理。

店内の飲食スペースがなくても、どうしても紹介したい店がある。今どきの洒落た店が続出しているこの雑多とした界隈で、そんな流行とは無縁の店構えで、多くのリピーターをつかんではなさず、昼時には長蛇の列ができている。今まで見たこともないような小さな間口は、人の列がないと気付かないくらいで、作りたての美味しそうな料理の並ぶウ...

Extérieur Quai|定食屋ならではの味と値段、こんな店がまだあるのかと感動!

東駅脇の待ち合わせに最適なカフェだが、今回は昼ごはんを食べに行った。アントレ+メインあるいはメイン+デザートで12€というコースがあるのだ。黒板に書かれた〈本日のおすすめ〉か、メニューの中の*印のついた料理の中から選ぶことになる。ボクはアントレにニシンの油漬け、メインにエイのヒレ、友人はメインに「Pièce de ...

コミュニティの連帯感。

Gare du Nord界隈(10区)  デザイン事務所atelier[jes]の共同創設者として活躍する気鋭のデザイナー、サミュエル・ミスレンさん。木や金属使いが得意で、家具や展示会用の装置など手広く手がける。今年は、エルメス財団が主催の若手デザイナー対象のコンクールで1位を獲得。まさに順風満帆の活躍ぶりだ。 ...

New Yaal Indian Cafe|暑い日には ドサイを食べて食欲増進。

インド系のお店が多く集まっている北駅周辺。そこにこの春オープンしたてのピカピカの南インド・スリランカ料理店。店内には象の顔を持つ神様の置物や、お香の香りはなく、まぶしすぎるくらいの健康的な雰囲気。だけど、徹底的に掃除が行き届いていて、清潔感にあふれているのが嬉しい。 この店でぜひ試したいのは、米粉とレンズ豆の粉で...

Papelli|多国籍食文化の中で光る新星フォカッチャ専門店

トルコ、インド、モーリシャス...エスニックな食文化が軒を並べて競い合うストラスブール・サンドニ界隈に新顔が登場。イタリアン・フォカッチャの専門店だ。昨今の流行で、ホットドッグやハンバーガーはすでにあったものの、イタリアンの軽食系は今までなかったので待ちに待った、と言っても過言ではない。目が覚める鮮やかなブルーの外...

Tien Hiang|肉? 魚? これは何?!衝撃のベジタリアン料理

ベジタリアンと聞くと、肉も魚も食べる者にはなんとも味気ない料理の印象があった。そう、この店を知るまでは。 一見その辺の中華と変わらない外観に「ベジタリアン」の表記。ところがメニューを見ると、牛だの鶏だの書いてある。いぶかしく思いつつも、そもそもベジタリアンではないのであまり気にもせず、おすすめらしいマレーシアのS...

La Petite rose des sables|忘れられない思い出ができるこれぞパリの食堂。

レピュブリック広場のはずれにある、知らなければ見過ごしてしまいそうな小さな店。よく見ると、外観にははめ込まれたレンガの模様や石の装飾。なにやら不思議と気になる雰囲気に誘われて、 おそるおそる中に入ると、元気いっぱいのマダムが迎えてくれた。 ビストロ・カフェひと筋37年というマダムの話は片時も止まることなく、この界...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る