Ovni | Numéro 861

Automne「料理、作る人と食べる人を繋ぐ喜び」

秋重信行さん(41歳)  秋重さん夫妻のお店は、今月の初めに開店1周年を迎えた。  「福岡、地方出身なのでフランスでも地方を重点的に見たかった」という信行さんは、2006年に福岡から直接リヨンへたどり着き、そのあとヴィエ […]

スペアリブのチャーシュー

 フランスの豚肉屋でも、簡単にスペアリブが手に入る。1本1キロ前後で片端には、骨なしの多分もも肉も付いているのがいい。チャーシューを作ってみよう。  まずマリネ。しょう油をベースにし、酒や焼酎を加え、オイスターソースやゴ […]

子どもたちが大好きなデザート、卵白が口の中で溶けるようだ。

Ile flottante       バニラの香りがただようカスタードソースの上に、ふんわり真っ白な泡雪状の卵白が浮いている「浮いた島」というデザートを作ってみよう。  まずカスタードソース crème anglais […]

DVD : Stop Making Sense

 トーキング・ヘッズといえば、1983年のライブを撮った 『Stop Making Sense』が大傑作だ。脚立やスピーカが置いてある楽屋裏のようなステージで、デヴィッド・バーンが一人でギターを弾きながら『Psycho […]

ヴァルス前首相、バルセロナ市長選出馬

「フランスでの政治キャリアが挫折したからといって、バルセロナがその逃げ場になれるだろうと考えるのは、重大な間違いだ」  マニュエル・ヴァルス前首相は、昨年エッソンヌ県から出馬して国民議会議員に選ばれたが、9月末にバルセロ […]

『 Le Grand Bain 』一流俳優が集結。シンクロ・コメディー。

 男子のシンクロナイズドスイミングを映画の題材にしたのは、日本の矢口史靖監督『ウォーターボーイズ』(2001)が世界で最初だと思う。ピチピチの男子高校生が紆余曲折を経てシンクロに挑み、学園祭で大成功を納めるまでの青春コメ […]

よむたび。〈12〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 カサブランカの美女(仮題) 』 La Belle de Casa イン=コリ=ジャン・ボファヌ著 / Actes Sud刊   美女と移民。  移民難民政策で揺れ続けるヨーロッパでは、イタリアや東欧などで排

アズナヴール、売り上げアルバム数。

     1400曲以上のシャンソンを残し亡くなった国民的歌手、アズナヴール。『La Bohème』、『Emmenez-moi』、『La Mamma』などの大ヒット曲で世界中にファンを持ち、約70年のキャリアで売り上げた […]

Tadao Ando – Le défi
「安藤忠雄-挑戦-」

12月31日(月)まで 「安藤忠雄-挑戦-」  1993年に次ぐ、ポンピドゥ・センターにおける安藤忠雄の建築大回顧展。「直島プロジェクト」のインスタレーション、「光の教会」ファサードの再現、安藤自身の旅のスケッチ、自らの […]

David Byrne ディヴィッド・バーン
Zenith公演

 14年ぶりに 『American Utopia』という新アルバムを出したデヴィッド・バーンは、かのトーキング・ヘッズの歌手であると同時に、その音楽性を創り上げた伝説的な存在だ。  70年代末から80年代半ばにかけて、パ […]

まちかど写真:モード学校 ESMODの生徒さん

Transmission/transgression ブールデル、師匠と弟子たち。

 彫刻家のアントワーヌ・ブールデル(1861-1929)は、多くの彫刻家を育てた師でもあったことを見せる展覧会。 19世紀、彫刻家は粘土で形を作る人で、型取り、型へのブロンズ流しや石彫りはもっぱら職人に頼んでいた。ロダン […]

Alphonse Mucha

2019年1月27日(日)まで アール・ヌーヴォーの装飾画で名高いミュシャ(1860-1939)は女優サラ・ベルナールに認められて有名になった後、神秘主義に傾倒。その後チェコの国民画家として壮大なスラヴ民族の叙事詩を描い […]

Le Jourdain:ワイン片手にシーフード系タパスを好きなだけ。

 外食が続いた時など通常のポーションではちょっとヘビー、と思った時に活用したい店。新鮮な魚介類を中心とした小皿料理のほとんどが6€〜8€で、お腹の空き加減に合わせて、好みの料理を3つ4つと選べばいい。たくさん選んでも2回 […]

アンリ・チェルヌスキ-非凡な人生とコレクション。

 モンソー公園に接し、瀟洒な邸宅が並ぶ並木道の奥に、パリでギメ美術館に次いで重要な東洋美術コレクションをもつ美術館がある。「チェルヌスキ」という名前が示すとおり、コレクションと邸宅をパリ市に遺贈した蒐集家はイタリア生まれ […]

Quatuor Modigliani モディリアーニ弦楽四重奏団

10月21日(日)  卓抜な技巧とアンサンブルのまとまりのよさで脚光をあびたモディリアーニ弦楽四重奏団は早くも創立15年。ハイドンやラヴェルの演奏が高く評価されたが、今回のプログラムは、モーツァルトの弦楽四重奏曲第19番 […]

日本美術への情熱を みんなと分かち合いたい。

Manuela Moscatielloさん パリ市立チェルヌスキ美術館学芸員・日本美術責任者  この秋と冬は若冲の「動植綵絵(さいえ)」につづき、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」など、琳派の傑作がパリで見られる!…「ジャポニ […]

CATHERINE ANDRÉ 南フランスで作られる、色の森に迷い込む。

 ギャラリー・ヴィヴィエンヌのそのブティックに入ると、枯葉や、深い森の様々な色に包まれるようだ。繊細な色彩と模様をジャカードで織りなす高級レディース・ニットのブランド「カトリーヌ・アンドレ」。今年の秋冬コレクションは、2 […]

OVNI 861

OVNI 861 : 15/10/2018

160年。

 1858年9月、下田の港にフランスの軍艦ラプラス号ほか2隻が錨を下ろした。乗っていたのはナポレオン3世から江戸幕府との通商条約の交渉を委任された全権代表ジャン=バティスト=ルイ・グロ男爵率いるフランスの使節団。幕府が列 […]

Péter Eötvösペーテル・エトヴェシュ、パリ初演作品も。

10月24日(水)  ペーテル・エトヴェシュはハンガリー出身の作曲家だが、今回はパリ管弦楽団で、自作の、難民に捧げる『Aux victimes anonymes / 無名の犠牲者へ』(パリ初演)やヴァイオリン協奏曲第2番 […]

コロン内相のドタバタ辞任劇にマクロン政権揺らぐ。

 大統領選挙1年前からマクロン陣営に加わり、大統領の側近中の側近だったジェラール・コロン内相(71)が10月2日に辞任した。メディアによる一方的な辞任発表とすったもんだの辞任劇に、国民の多くはあきれているだろう。8月末の […]

難民救済船支援のデモ

10/6  地中海で難民・移民救済活動を行う船「アクアリウス」号を支援するデモが欧州各地で行われた。2016年2月以来、2万9500人を救った同船を運営する団体SOSメディテラネによるとマルセイユで1万人、パリで千人など […]

ヒグマをピレネーに放獣

10/04 スロベニアで捕獲されたヒグマ2頭が4日と5日にピレネー・アトランティック県の山地に放たれた。ヒグマ放獣反対派が道路を封鎖したためヘリコプターで輸送された。ヒグマは絶滅危惧種として保護が規定されており、政府は5 […]

Goodyear労働裁判始まる

10/04 2014年に閉鎖された北部アミアンのグッドイヤー社工場の元従業員が訴えた労働裁判が始まった。原告が832人いるため労働裁判所でなく、劇場を借り切っての裁判となった。判決は来年5月。アミアン工場(当時2700人 […]

3ヵ月の脱走劇に終止符

10/3  セーヌ・エ・マルヌ県の刑務所から7月1日に脱走したルドワンヌ・ファイッド服役囚(46)が、地元のクレイユ(オワーズ県)で逮捕された。 同服役囚の兄や甥、隠れ家を提供した女性など7人も逮捕。強盗再犯で懲役25年 […]

ジェラール・ムル氏ノーベル物理学賞に

10/2  仏人ジェラール・ムル氏(74)がレーザー物理学分野で米、カナダ人とともにノーベル物理学賞を受賞した。30年の米滞在後、2005年に帰国したエコール・ポリテクニクのムル教授は、米時代の教え子ドナ・ストリックラン […]

仏、テロでイランを非難

10/2  仏政府は、6月末にパリ郊外ヴィルパントで開催されたイラン反体制派ムジャヒディン・ハルクの集会を狙った爆弾攻撃未遂事件の首謀者がイラン情報省の幹部であるとし、幹部2人や外交官の資産を凍結した。 また、北部グラン […]

Pierre-Luc Bartoli – Paysages

10月30日(火)まで 上部が破壊された木、靄(もや)の中を飛ぶ鳥…家族の故郷コルシカを描き続けるバルトリ(1973-)の風景には何かが起こりそうな不穏な雰囲気がある。人のいない、植物と鉱物と鳥だけの世界。日月休。14h […]

アズナヴール死去

10/1  フランスを代表するシンガーソングライター/俳優のシャルル・アズナヴール氏が南部の自宅で死亡した。享年94歳。日本での9月17、19日のコンサートが最後の公演になった。同氏はアルメニア系移民の両親の元にパリで生 […]

Salon du chocolat

10月31日(水)〜11月4日(日) 秋恒例、チョコレートの祭典サロン・デュ・ショコラ。毎日、主に日本人シェフやパティシエによる実演や日本酒とのペアリングのアトリエなど “Experience Japonaise”を4種 […]