Ovni --| Numéro 849

カルカッソンヌ近くでつくられるワイン、Cabardès。

 ラングドック・ルシヨン地方、カルカッソンヌの北にある村々で作られているワインがカバルデス。この地方産のミネルヴォワやコルビエール同様に、以前は評価が低い常飲ワインだったものだが、最近はどんどん品質が向上し、このカバルデスも1999年にAOCに格上げされた。 このLes terroirs cachésは、コット・...

Concert à Saint Eustache
仏最大オルガンの壮大サウンド

©Jean Radel 4月18日(水)  パリのレアールにあるサン・トュスタッシュ教会のパイプオルガンはフランス最大。8千本近いパイプを持つ。毎日曜17h30からは、その壮大なサウンドを聴ける(無料)。  18日(水)20h30は、この教会の首席オルガニストのトマ・オスピタルとダヴィッド・モラール指揮によ...

マダム・キミのシルバーラウンジ2018年4月1日号

  S氏(75)は東京は浅草生まれ。父は歌舞伎役者女形のかんざし作りの職人だった。工業高校卒業後、建設会社に勤める。東京で英語を教えていた仏人教師と出会う。1966年、24歳の時、シベリア経由で渡仏し、パリへ。リドで2年間、舞台装置の仕事をした後、建設会社で働く。10年前にパーキンソン病になり、6カ月に...

Dancing In the Street
ピーター・ナップ写真展

6月10日(日)まで  モード誌ELLEのアートディレクターで、ヴォーグなどの写真も撮ったスイス人写真家・ビデオ、造形作家ピーター・ナップの60〜70年代の作品。クレージュ、カルダン、サンローランなどに身を包み、自由奔放に走り、跳び、闊歩する女性像は時代を象徴し、今でも新鮮。火休。...

ゲーンズブールの家の写真
5 bis rue de Verneuil

Serge Gainsbourg - 5bis rue de Verneuil © Tony Frank 6月10日(日)まで セルジュ・ゲンスブールが69年から91年まで住んだヴェルヌイユ通りの邸宅は、娘シャルロットが譲り受け、今でも家のなかは冷蔵庫、灰皿など、セルジュが生きていた時のまま。若者雑誌Salu...

侮れない。テンション上がるアジアンバーガー!Shiso Burger

「シソ」バーガーと聞けば、和風のハンバーガーかと思うけれど、ここはベトナム人オーナーがドイツで立ち上げたバーガーショップのフランチャイズ。アジアものが何でもごっちゃになったフュージョンものは敬遠しがちだが、評判がすこぶる良い。メニューを見てみると、なんとも美味しそう。 分厚いパティ(具材)に使われる牛肉は...

菓子と惣菜、2種のカヌレ。
Aux deux canelés

ふたりのオードさん。  パリ市庁舎近く、 2人のオードさんが立ち上げたカヌレの専門店。ほんのり甘い伝統的なカヌレ(1.9€)はもちろん、 季節の新鮮な素材を使った自家製カヌレ(2.9€)など、甘いものとしょっぱいもの、それぞれ6種類ずつ、所せましと並んでいる。  このうち、特に注目したいのは惣菜カヌレ!ビール...

Divine Violence
神聖暴力

Dee et Lisa, Mott Street, Little Italy, New York, 1976 © Susan Meiselas/ Magnum Photos 5月21日(月)まで  アダム・ブルームバーグとオリヴァー・チャナリンは、紹介の仕方によって写真が違う意味を持つことに注目し、聖書に写...

柔らかい声に深みが出てきた
Lizz Wright 

4月7日(土)  米国南部ジョージア州に生まれ、幼少期から教会でピアノを弾きゴスペルを歌っていたリズ・ライト。ジャズ、ブルース、ソウル、なんでも巧みにこなす。 38歳になってその柔かい声に深みが増し、最新盤『Grace』では、レイ・チャールズやニーナ・シモンの曲などを歌って、シンプルなバックも含めて大好評。21...

アラブ文化研究所で
「パレスチナに美術館を」展

「Pour un musée en Palestine」展 ムニール・アナスターズ=ユネスコ公使  パレスチナには国立美術館がない。国立近代・現代美術館を作るためにアーティストたちに寄贈を呼びかけ、集まった作品を展示したのがこの展覧会だ。  発端は12年前にユネスコで行ったパレスチナとの連帯を表明した現...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る