Ovni --| Numéro 830

まちかど写真:デモクラシーの お片付け。

あちらこちら  大統領決定と、その宴。翌日は、さっそく労働法改正案反対のデモ。宴やデモ後の掃除をするパリ清掃「特別部隊」は大忙し。8時間×3チームで、24時間体制です。  パリでは毎日約3千トンのゴミを約5千人いる清掃スタッフが収集し掃除しているそうです。 ...

Jieldéのランプ

 フランス製のランプなら「ジエルデ (Jieldé)」と、フランス人の友人から聞いたのは去年のこと。インテリアデザインに凝る人たちにファンが多く、コレクターもいるとか…。ネットで調べると、重厚なデザインがアンティークっぽくていい感じだ。全部手作りということで、さっそくリヨン郊外サン・プリエスト市に出かけた。同市内...

CD : Zelenka “PsalmiVespertini II”

Nibiru/30€前後。 ボヘミア出身のヤン・ディスマス・ゼレンカは、バッハと同世代。ドレスデン宮廷付き作曲家として多数の宗教的声楽曲を書いた。最近出たCDの1曲目『Dixit Dominus』はティンパニーやトランペットが入り華やかで、オーケストラと声楽が巧みに絡む。5曲目『Beatus』のソプラノ・ソロは...

タチウオのテンプラ

 タチウオ (太刀魚)はフランス語でもsabre (刀)という。以前は、1メートル以上あるタチウオが渦巻状にされ、銀色に光りながら魚屋に並んでいたものだ。ポルトガル人の好物で、骨ごとひし形に切ってから粗塩を振りかけて焼いたものがうまかった。この魚は韓国人も大好きで、辛い煮付けが定番らしい。そのタチウオ、最近はほとんどお...

フランス語愛とモーツァルト:水林章『千年の愛』を読む

Akira Mizubayashi "Un amour de Mille-Ans" (Gallimard, mars 2017)  30数年の滞在ながら完璧とは程遠いフランス語を操る私でも、日仏バイリンガルである有り難さは日々感じている。二つの文化を持つということではない。フランス語を話したり書いたりする自分は...

理性的な行為を勧めたい
クリスチアーヌ・トビラ元法相

「マクロン氏があなた方の行為を理解できないのなら、必要以上に頻繁に、必要以上に大きな声で、必要以上に敢然と、それを思い出させよう」 大統領決選投票前、クリスティアーヌ・トビラ元法相は、初めて投票する若者たちに向けて、マクロン氏の施政方針に賛成しなくても、大惨事をもたらす国民戦線党に反対しマクロン氏に投票するという...

フランス料理、原点回帰。

山口杉朗さん(31歳)  「とにかく、フランス料理が好き」。18歳の時、もう勉強はしたくない、と入学した東京の調理学校でフレンチと出会ってから13年。パリでオーナーシェフとなった今も、山口さんのその本能的な愛は変わっていない。 30歳までは日本で修業、という慣習を横目に、先輩シェフに勧められ22歳で渡仏。ワーホ...

Junzô Sakakura
坂倉準三(1901-69)の仕事展

7月8日(土)まで 1930年代にル・コルビュジエに師事した建築家・坂倉準三(1901-69)の仕事展。1937年のパリ万博の日本館で建築部門グランプリを受賞し名声を得て、神奈川県立近代美術館や東京・渋谷の東急会館を手掛けた。...

ZENって 何ですか?

「Zenって何?」外国生活のなかで不意に問われ、戸惑ったことはないだろうか。次回はまともに答えられるようにと、こっそり本を入手した経験はないだろうか。  フランス大学出版社の〈クセジュ文庫〉は2008年に『禅/Le Zen』を刊行した。127ページで禅の世界が一望できるこの本は、2010年に再版され、さらに5月2...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る